サイト内の現在位置

ニュースリリース

2011年4月27日

転職サービス「DODA(デューダ)」調べ
2011年1月-3月 転職求人倍率
3月求人倍率1.30倍 震災影響で新規求人は25%減

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:高橋広敏)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」<http://doda.jp/>は、転職支援サービス登録の個人求職者と、法人企業の求人数をもとに算出した「転職求人倍率」を発表しております。「転職求人倍率」は、大都市圏のホワイトカラー層を中心とした転職マーケットにおける需給バランスを表すものです。2011年1月から3月の結果がまとまりましたので、お知らせいたします。

※職種別の求人倍率、その他詳細の解説は、DODAサービスサイトにて公開しております。
http://saiyo.inte.co.jp/column/report_201104.html

※調査対象となる個人求職者の職種、最終学歴、年齢区分など属性データは、「登録者(転職希望者)情報」をご確認ください。

※各業種カテゴリーの詳細は、DODAサイトにてご確認ください。 http://doda.jp/other/entryhelp/008.html

【 結果概要 】

【 全体の動向 】 ~ 新規求人減少も、転職求人倍率は堅調に推移
2011年3月の転職求人倍率は1.30倍で、2008年3月以降、3年ぶりに1.3倍台となりました。リーマン・ショック以降2009年4月の0.68倍を底に上昇を続け、3月の転職求人倍率も改善基調を維持しています。3月11日に発生した東日本大震災の影響により、3月の新規求人数は前月比25%の減少となりました。ただ、前月からの繰越求人が多かったため、3月全体の求人数はほぼ横ばい。転職希望者も震災後、一時的に転職活動を控える動きとなったため、3月の転職求人倍率には悪化がみられませんでした。

【 業種別動向 】 ~ 「メディカル」「IT/通信/インターネット」が引き続き高水準
業種別の求人倍率を見ると、3月は「メディカル」が3.04倍で最も高く、次いで、「IT/通信/インターネット」(1.67倍)、「サービス」(1.38倍)と続きました。製造ライン停止など震災の影響が顕著であった「メーカー」も1.30倍と堅調に推移しています。

【 DODA編集長の解説 】 ~ 関西は3月21日週から、関東でも28日週から中途採用再開の動き
震災直後は、幅広い領域で新規求人の大幅な減少がみられました。特に関東では、面接などの選考活動もほぼストップ。自動車、半導体・電子部品メーカーなどの製造業、外食・小売・流通・旅行など個人向けのサービス業を中心に中途採用活動が停滞しています。ただ3月28日週からは、製造業も含め、後ろ倒しにされていた新規求人も回復しています。

一方関西は、3月21日週から採用活動が再開しています。東北が半導体・電子部品・素材といった産業を中心としているのに対し、関西は家電・重工系がメインとなっており、中途採用への直接的な影響は現段階では見られません。中部は、自動車関連企業の業績回復とともに、2011年度の中途採用は活発化する見通しでしたが、震災により不透明な状況となっています。

すべてのエリアに共通して、4月は各企業で2011年度の採用計画の見直しを行っており、見通しが明らかになるのは早くて5月の連休明けになるものとみられます。震災の影響が少なく、採用活動が継続されている西日本が、雇用創出および経済復興の足がかりとなることが期待されます。(DODA編集長 美濃啓貴)



【参考:「転職求人倍率」の定義】
「転職求人倍率」は、DODA転職支援サービス登録者1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値。算出式は以下の通りとなる。

[ 転職求人倍率 = 求人数(採用予定人員)÷ 転職希望者数 ]

【求人数】:
前月からの繰越求人数(採用予定人員)と、当月中に新たに登録された新規求人数(採用予定人員)の合算で算出。
【転職希望者数】:
前月からDODA転職支援サービスに継続登録している繰越登録者数と、当月中に新たに登録した新規登録者数の合算で算出。ただし、繰越登録者数は、直近半年以内の登録者数を採用。

本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html