サイト内の現在位置

ニュースリリース

2012年4月25日

転職サービス「DODA(デューダ)」調べ
2012年1月-3月 転職求人倍率
3月は1.23倍。求人数、転職希望者数は前年同時期の120%

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」<http://doda.jp/>は、2012年1月から3月の転職求人倍率をまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」2012年4月号を発表しましたのでお知らせします。
転職求人倍率は、ホワイトカラー層を中心とした転職マーケットにおける需給バランスを表すもので、DODA転職支援サービス登録者(転職希望者)1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値になります。
※算出式:転職求人倍率=求人数(採用予定人員)÷転職希望者数

■2012年1月‐3月の概況
2012年3月の求人倍率は1.23倍で、2011年12月の1.36倍をピークに低下。年度末に向けて採用活動を収束させる企業が多かった反面、4月入社を目指す転職希望者は増加したことが背景にあります。 一方、全体の求人数と転職希望者数は、どちらも前年同時期の約120%で推移しており、人材流動が活発化していることが伺えます。

※より詳細な分析やDODA編集長の解説が掲載されている「DODA転職求人倍率レポート」は、DODAサイトでご覧いただけます。 http://saiyo.inte.co.jp/report/report_201204.html
※調査は2008年より行っております。過去のデータをご覧になりたい場合は、広報部までお問い合わせください。

本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html