サイト内の現在位置

ニュースリリース

2013年1月30日

株式会社インテリジェンス
中国法人、12月の新規求人数を発表
前年比7.3%プラスに アパレル・食品進出にともなう「貿易/販売」「物流」が好調

総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)は、中国法人(上海本社)の転職サービスに寄せられた新規求人数を集計しています。2012年12月の結果がまとまりましたので、発表いたします。

※インテリジェンスの中国法人、英創人材服務(上海)有限公司が運営する転職サービスに寄せられた新規求人数を集計しています。

■全体概要 ~ 12月は575件、前年比7.3%増 「IT」は採用に落ち着き
2012年12月に、インテリジェンス中国・上海本社に寄せられた新規求人数は575件でした。前月比は7.9%のマイナス、前年比では7.3%のプラスとなっています。毎年中国では、4月入社を見据えた採用を2、3月に行うことから、12月には採用を控えるため、前月比での件数は減少する傾向がみられます。一方、前年比でみると、2012年前半からの企業の採用ニーズ増加の影響もあり、プラスとなりました。

業種別に前年比を見ると、「IT」(-21.1%)、「サービス」(-45.5%)、「消費財」(-5.9%)の3業種でマイナスに。一方、「物流」(94.1%)、「貿易/販売」(22.2%)をはじめ、4職種でプラスとなり、全体では前年比プラスとなりました。
2012年の前半に、Eコマースやスマートフォン向けゲーム開発などのWEB系企業を中心に、採用を活発に行った「IT」は、2012年後半から、徐々に採用に落ち着きがみられます。一方、中国国内での販売を目的にした、アパレルや食品企業の進出の活発化の影響から「貿易/販売」「物流」は、引き続き求人数は好調です。

※図表は下記よりご覧いただけます。

(PDF形式 139KB)

本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html