サイト内の現在位置

ニュースリリース

2013年3月27日

株式会社インテリジェンス
中国法人、2月の新規求人数を発表
春節の影響で前年比27.1%マイナスも、春節明けに求人ニーズ急増

総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)は、中国法人(上海本社)の転職サービスに寄せられた新規求人数を集計しています。2013年2月の結果がまとまりましたので、発表いたします。

※インテリジェンスの中国法人、英創人材服務(上海)有限公司が運営する転職サービスに寄せられた新規求人数を集計しています。

■全体概要 ~ 2月は552件、前年比27.1%減  春節明けに求人急増、「消費財」「物流」が好調
2013年2月に、インテリジェンス中国に寄せられた新規求人数は552件、前年比27.1%マイナスと大きく減少しています。例年、春節の時期は営業日数の増減により求人数が大きく変動します。昨年は1月にあった春節が今年は2月にずれたため、1月の求人数が前年比大幅増となった反面、2月は減少しました。なお、転職希望者が動き出す春節明けに合わせて企業が採用活動を加速しているため、春節後には求人数が急増しています。

業種別でも、春節の影響でほとんどの業種で前年比マイナスとなっていますが、「消費財」(前年比+4.0%)、「物流」(前年比+20.8%)は求人数を伸ばしています。「消費財」では中国国内の内販強化を視野に入れた営業職、新規営業拠点立上げに伴う営業責任者、公的機関との渉外対応も行える管理部門の採用などで求人数が増えています。また、「物流」では天津、広州、蘇州などの地域の物流網強化を課題とする日系企業の動きに合わせ、同エリアでの営業職の採用が増えています。その他、日中関係問題の影響で一時中国進出を見合わせていた企業にも、今春の営業許可証取得にむけて採用を始める企業が見受けられます。また、春節明けに転職希望者の動きが活発化するため、欠員が出ることを見越して採用を強化している企業も少なくないようです。

※図表は下記よりご覧いただけます。

(PDF形式 427KB)

本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html