サイト内の現在位置

ニュースリリース

株式会社インテリジェンス
中国法人、3月の新規求人数を発表
前年比10.4%プラスの774件、求人数好調に増加

2013年4月26日

総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)は、中国法人の転職サービスに寄せられた新規求人数を集計しています。2013年3月の結果がまとまりましたので、発表いたします。

※インテリジェンスの中国法人、英創人材服務(上海)有限公司が運営する転職サービスに寄せられた新規求人数を集計しています。

全体概要 - 3月は774件、前年比10.4%増、前月比40.2%増 春節明け、転職市場活況に

2013年3月に、インテリジェンス中国に寄せられた新規求人数は774件、前年比10.4%プラス、前月比でも40.2%プラスとなっています。例年、春節の翌月は求人数が大きく増加します。春節明けは転職希望者の動きが活発になるため、企業にとっては良い人材を採用するチャンスである一方、退職者が出て欠員補充が必要になる時期でもあります。そのため、春節明けに企業は採用を積極的に行う傾向にあります。今年は、昨年以上に業績好調な企業の採用意欲が高く、求人ニーズは好調に推移しています。

業種別でも、大半の業種で前年比プラスとなっています。特に「IT」(前年比+25.3%)、「金融」(前年比+54.5%)は伸び幅が大きく、「IT」ではエンジニアのみならず全般的に人手不足感が強く、ERPコンサルタントから、カスタマサポート、SE、営業まで幅広く募集されています。「金融」では、銀行、保険、リース会社の営業などが募集されています。特にリース業界はまだ中国では業界が未成熟であるため、体制強化および欠員補充に伴う求人が目立ちます。そのほか、「貿易/販売」や「製造」においても、営業職のニーズが強く、総合商社における原料関連の営業や、電機・電子、化学、自動車・自動車部品メーカーなどの営業の求人が出ています。こちらも、業績好調に伴う増員や、中国国内での営業強化に向けた採用に加え、春節明けの欠員補充も重なり、採用が強化されています。

※詳細資料やグラフは下記よりご覧いただけます。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス