サイト内の現在位置

ニュースリリース

株式会社インテリジェンス
中国法人、4月の新規求人数を発表
前年比20.1%プラスの776件 円安・株高の影響受け、日系企業中国でも採用積極化

2013年5月28日

総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)は、中国法人の転職サービスに寄せられた新規求人数を集計しています。2013年4月の結果がまとまりましたので、発表いたします。

※インテリジェンスの中国法人、英創人材服務(上海)有限公司が運営する転職サービスに寄せられた新規求人数を集計しています。

全体概要 - 4月は776件、前年比20.1%増、前月比0.3%増

2013年4月に、インテリジェンス中国に寄せられた新規求人数は776件、前年比20.1%プラス、前月比では0.3%プラスとなっています。4月は日系企業の新年度が始まる忙しい時期であるため、例年前月よりも新規求人数が落ち込む傾向にありますが、今年は同水準を維持しています。円安や株高の影響もあり、業績が上向いてきた企業などを中心に、中国においても積極的に採用が行われています。

業種別では、以前から様々な職種のニーズが高い「IT」(前年比+22.7%)のほか、「金融」(前年比+48.0%)も先月に引き続き前年比大幅プラスとなっています。中でも、中国国内での体制強化に積極的なリース会社が、先月に引き続き、営業、管理部門、事務などの幅広い職種を募集しています。また、「消費財」(前年比+29.2%)では、菓子などの食品や、化粧品などの日用品の分野で、中国国内での営業強化に向けた営業職やマーケティング職の募集が目立っています。そのほか、求人の4割を占める「製造」では、採用の競合となる企業が多いこともあり、新年度の採用を他社に先駆けてスタートさせ、人材確保に向け積極的に動いている企業も見受けられます。

※図表は下記よりご覧いただけます。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス