サイト内の現在位置

ニュースリリース

転職サービス「DODA(デューダ)」転職成功者の年齢調査(2016年下半期)
転職成功者の平均年齢は32.5歳、過去最高に
~転職成功者の30.2%が35歳以上、過去10年間で3.4歳も上昇~

2017年2月20日

総合人材サービス、パーソルグループの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾太郎)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、2007年7月~2016年12月にDODAエージェントサービスを利用したビジネスパーソン約12万人の転職した年齢について調査を行いましたので、お知らせいたします。

■【全体】転職成功者の平均年齢は32.5歳、男女ともに過去最高を更新

2016年下半期の転職者の平均年齢は32.5歳で、前回調査の2016年上半期から0.2歳上昇しました。調査を開始した2007年下半期に29.1歳だった平均年齢は、過去10年間で3.4歳アップし、これまでで最も高くなっています。さらに男女別の比較では、男性は前回からプラス0.1歳の33.0歳、女性は前回からプラス0.2歳の29.9歳となり、全体の結果同様、男女ともに過去最高を更新しました。2007年下半期から比べると男性では3.4歳、女性では2.3歳アップしています。

■【年齢別】転職成功者の30.2%が35歳以上、前回調査と比べ「24歳以下」と「40歳以上」の割合が上昇

転職成功者の内訳を年齢別に見てみると、最も割合が高いのは「25~29歳」の35.8%で、次いで「30~34歳」の25.1%、「40歳以上」の16.2%が続きます。前回調査との比較では「24歳以下」の割合が+1.3ポイント上昇、「40歳以上」が+1.1ポイント上昇と割合を伸ばしています。この傾向は直近2~3年で特に顕著に見られ、「24歳以下」の転職者の割合は2014年下半期から、「40歳以上」の転職者の割合は2015年上半期から継続して上昇しています。転職成功者の人数そのものは、すべての年代で右肩上がりの状態が続いていますが、その中でも特に若手層とミドル層の転職が活況なことが分かります。

■【解説】~若手層もミドル層も、年代問わず活躍できるフィールドがますます拡大~

今回の調査では、特に「24歳以下」の若手層と「40歳以上」のミドル層の転職成功者が割合を伸ばす結果となりました。グローバル化やテクノロジーの活用、新規事業の立ち上げなど、新たな事業展開や業務変革を求める企業が増えています。よって、「40歳以上」の転職者の増加については、豊富なキャリアや汎用的なビジネススキルを持つミドル層を即戦力として採用したいという企業の機運が、一層高まっていることが大きな要因として挙げられます。一方で、「24歳以下」の転職者の増加については、入社後の教育・育成を前提に、ポテンシャルに期待した若手層の採用に積極的な企業が引き続き増加傾向にあること一因であると想定されます。

求人数は高い水準を維持し、依然として売り手市場が続いている今、転職希望者にとっては多くの求人の中から自分の希望に合った仕事を選びやすい状況にあるといえます。また、人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット化)、ビッグデータに代表される新しい技術や分析手法の活用や、テクノロジーを用いた効率化や省力化に向けた取り組みを進めるにあたって、新しい仕事や役割を担える人材のニーズが高まるなど、キャリアのバリエーションも広がっています。だからこそ、転職希望者は選択肢が豊富な今のうちに、実現したい「働き方」に加え、5年先・10年先を見据えたキャリアプランを描くことで、希望にかなうキャリアパスを歩める可能性が高まるでしょう。
(DODA編集長  木下 学)

※DODAサイトでご覧いただける「転職成功者の年齢調査」では、詳細なデータや解説を掲載しております。
https://doda.jp/guide/age/

■調査概要

2007年7月~2016年12月の間に、DODAエージェントサービスを利用して転職したビジネスパーソン
有効回答数  約12万人

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス