サイト内の現在位置

ニュースリリース

2007年4月13日

高校生のアルバイト収入 「月5万円以上」が約25%
アルバイト代の使い道は、「洋服」・「雑貨」が上位を占める

総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区丸の内 代表取締役 社長執行役員:鎌田和彦)が運営するアルバイト情報検索サイト「OPPO」(オッポ)<http://oppo.jp>は、高校生を対象に行ったアルバイト勤務状況に関する調査結果、および同サイト2007年2月における検索キーワード・検索駅上位10項目を発表いたします。

本資料におけるデータは、同社が展開するアルバイト採用情報提供サービス「OPPO-NET」(オッポネット)の会員向け冊子「oppo-report」(オッポレポート)4月号より抜粋しております。冊子をご希望の方はインテリジェンス経営企画統括部 広報部までお問い合わせください。

調査結果詳細

1.高校生のアルバイト代の使い道 「洋服」・「雑貨」が上位を占める
アルバイト代の使い道について聞いたところ、「洋服」と答えた人が全体の70%と最も多く、次いで「雑貨」(61%)、「書籍や雑誌」(57%)、「食費」(41%)、「交際費」(40%)、「携帯費」(25%)となっており、全体的に物品を購入する傾向が強いことがわかりました<図1>。

2.高校生のアルバイト収入 「5万円以上」が最多の25%
1ヶ月のアルバイト収入について聞いたところ、「5万円以上」と答えた人が全体の25%と最も多く、次いで「4~5万円」(15%)、「3~4万円」(14%)、「1.5~2万円」(12%)となっており、アルバイトで高収入を得ている学生が多いことがわかりました。また、アルバイト収入が多い人ほど、おこづかいの額が少ないケースが多く、アルバイト収入とおこづかいの額が反比例の関係にあると考えられます<図2>。

3.長期休暇期間のアルバイト マイペースで働きたい人が75%
長期休暇期間のアルバイトについて聞いたところ、「都合に合わせて、働ける日を増やす」と答えた人が全体の75%と最も多く、次いで「働けるだけ働く」(20%)、「休みを取る」(4%)、「その他」(1%)となっており、長期休暇期間に合わせて積極的に働くのではなく、無理なくマイペースで勤務したいという学生が多いことがうかがえます<図3>。

※図表は以下をご覧ください。

【調査概要】

調査方法 インターネットリサーチ
調査対象 現在アルバイトに就いている、もしくは今後1年以内に就こうと考えている関東(1都3県)在住の高校生600名
調査期間 2006年11月20日~2006年11月23日

図表1 高校生のアルバイト代の使い道 (複数回答、単位:%)

図表2 高校生のアルバイト収入 (単位:%)

図表3 高校生の長期休暇期間のアルバイト (単位:%)

【OPPOマンスリー・データ】

「OPPO」のPCおよび携帯サイトに掲載された案件の検索状況のデータ
データ収集期間: 2007年2月1日~2月28日まで

1.フリーワード検索…PCサイトのフリーワード検索で検索された頻度が高いワード上位10項目

2.駅検索…PCおよび携帯サイトの駅検索でよく検索される最寄駅上位10項目

<OPPO(オッポ)について>
「OPPO」<http://oppo.jp>はインターネットに特化した日本最大級のアルバイト情報検索サイトです。インターネットの特徴(超広域・高鮮度・高利便性)を活かした、ユーザーニーズの高いアルバイト情報検索サイトを提供しており、テレビCM、交通広告でのプロモーション、infoseek・@nifty・BIGLOBE等、大手ポータルサイトとの連携やマスメディアとのタイアップなどにより、高いアクセス数を誇ります。サイト名「OPPO」は、「Opportunity~努力して初めて手に入れることができる機会~」を意味する言葉から由来し、自分自身のライフスタイルを発見することができる“可能性の源泉”を指します。

<株式会社インテリジェンスについて>
株式会社インテリジェンスは、1989年の創業以来 “人と組織を多様な形で結ぶ 「インフラとしての人材サービス」を提供し社会発展に貢献する“ という企業ビジョンのもと、人材に関する多様なサービスを展開。総合人材サービス会社として、幅広い求職者と企業に向けたサービスの向上に努め、より一層の成長を目指してまいります。
【提供サービス:DODA人材紹介、DODA求人情報、エグゼクティブサーチ、ファッション業界専門人材紹介、就職支援・採用支援、人材派遣、ITソリューションサービス、「an」「web an」「モバイルan」「Free an」サービス、「OPPO」サービス、「デューダ」サービス、「salida」サービス、組織・人事コンサルティング】

本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html