サイト内の現在位置

ニュースリリース

2007年5月25日

利用したい求人情報メディア 「インターネット・携帯求人情報サイト」が1位
~「インターネット求人情報サイト 利用実態調査」~

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:鎌田和彦)は、5月発行のHRレポートにて、「インターネット求人情報サイト 利用実態調査」の調査結果を発表いたします。今回は、関東在住の15歳から34歳の男女約4,300名を対象とし、インターネット求人情報サイトの利用状況、今後の利用意向について調査を行いました。

調査結果詳細

1.仕事探しに利用したメディア 「インターネット・携帯求人情報サイト」がトップ
過去1年間で最も直近の仕事を見つけたメディアについて聞いたところ、「インターネット・携帯求人情報サイト」と回答した人が35%と最も多く、次いで「有料・無料求人誌」(21%)、「友人・知人の紹介」(15%)、「新聞折込チラシ」(12%)となっており、インターネット・携帯求人情報サイトからの仕事探しが求職者の間で主流になりつつあることがわかりました<図表1>。

2.仕事を探した理由 「無料」、「利便性」、「検索性の高さ」が上位に
インターネット求人情報サイトを利用して仕事を見つけた人を対象とし、利用した理由について聞いたところ、「無料だから」と回答した人が42.2%と最も多く、次いで「気軽に利用できるから」(35.0%)、「使いやすいから」(30.8%)、「いつでも見ることができるから」(28.3%)、「探している求人情報を絞りやすいから」(25.1%)となっており、無料で、いつでも利用できる気軽さや、検索性の高さを重視している人が多いと考えられます<図表2>。

3.インターネット求人情報サイト上の求人案件 全体の約70%がメールで応募
インターネット求人情報サイト上の求人案件への応募手段について聞いたところ、「メール」と回答した人が68%と最も多く、次いで「電話」(21%)、「直接出向いた」(7%)、「その他」(4%)となっており、求職者の大半がメールでの応募を行っていることがうかがえます<図表3>。

4.今後利用したい求人情報メディア 約80%が「インターネット・携帯求人情報サイト」と回答
インターネット求人情報サイトで仕事を見つけた人を対象に、今後最も利用したい求人情報メディアについて聞いたところ、「インターネット・携帯求人情報サイト」と回答した人が81%と最も多く、次いで「有料・無料求人誌」(15%)、「新聞折込チラシ」(4%)となっており、今後仕事を探す時にもインターネット・携帯求人情報サイトを利用したいと考えていることがわかりました<図表4>。

※図表は以下をご覧ください。

【調査概要】
調査方法 : インターネットアンケート
調査対象 : 関東在住の15歳から34歳の男女約4,300名
調査期間 : 2006年2月

<図表1> 仕事を見つけた際に利用したメディア (単位:%)

<図表2> インターネット求人情報サイトを利用した理由 (単位:% 複数回答)

<図表3> インターネット求人情報サイト上の求人案件への応募手段 (単位:%)

<図表4> 今後利用したい求人情報メディア (単位:%)

【その他、「インターネット求人情報サイト 利用実態調査」収録データ】
・インターネット求人情報サイト 利用頻度
・インターネット求人情報サイト 利用場所

詳細の資料をご希望の方は、お問い合わせにご連絡いただくか、下記よりダウンロード可能です。

(PDF形式 246KB)

<株式会社インテリジェンスについて>
株式会社インテリジェンスは、1989年の創業以来 “人と組織を多様な形で結ぶ 「インフラとしての人材サービス」を提供し社会発展に貢献する“ という企業ビジョンのもと、人材に関する多様なサービスを展開。総合人材サービス会社として、幅広い求職者と企業に向けたサービスの向上に努め、より一層の成長を目指してまいります。
【提供サービス:DODA人材紹介、DODA求人情報、エグゼクティブサーチ、ファッション業界専門人材紹介、就職支援・採用支援、人材派遣、ITソリューションサービス、「an」「web an」「モバイルan」「Free an」サービス、「OPPO」サービス、「デューダ」サービス、「salida」サービス、組織・人事コンサルティング】

本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html