サイト内の現在位置

ニュースリリース

2008年2月21日

シゴト情報「an」調べ
春休み前後の仕事探し 4月がピーク
~春休み前後の求職者動向~

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:鎌田和彦)が運営するシゴト情報「an」は、「春休み前後の求職者動向」に関する調査をまとめました。今回は、シゴト情報「an」を利用した首都圏の応募者を対象とし、応募の実態や雇用条件の希望について、属性別に集計しています。

【調査結果詳細】

1.応募者数推移 4月がピーク
応募者数の推移をまとめたところ、高校生以外の属性では、4月に応募が増加することがわかりました。高校生では新学期が始まる影響もあり、4月の応募が2~3月に比べて沈静化する一方、他の属性では4月の応募が増加しており、新生活の始まりと同時に仕事探しを始める人が多いと考えられます<図表1>。

2.希望勤務日数 「週1~2日」が人気
希望勤務日数について聞いたところ、全ての属性で「週1~2日」の勤務希望が大半を占めていることがわかりました。高校生以外の属性では「週1~2日」の勤務希望が60~70%程度となっているものの、高校生では80~90%程度となっており、短期の仕事に対する人気が特に高いことがわかりました<図表2>。

3.給与支払い形態 高校生には「日給」が人気
希望の給与支払い形態について聞いたところ、高校生以外の属性では「日給」の割合が30%以下に留まるものの、高校生では30~45%程度、特に3月では44%と高い割合となっており、他の属性に比べ、高校生で「日給」を希望する人の割合が高いことがわかりました。春休み期間中にいち早く収入を得たいと考える高校生が多いと考えられます<図表3>。

【調査概要】
対象 :  「an」を利用して応募した首都圏在住者
期間 : 2007年1~4月

【参考】
anで実施しております意識調査や求人情報に関するデータは、anサービスサイト「anレポート」 (http://weban.jp/contents/an_report/index.html)にて公開しております。

<「an」について>
シゴト情報「an」は、これまで「an」「OPPO」の2つのブランドでサービス提供を行ってきたアルバイト求人メディアを刷新し、2007年7月、「自分らしいシゴトが見つかる」をコンセプトとして新たに立ち上げた求人メディアです。各地域の求人情報に特化した「anエリア」(http://area-baito.weban.jp)、こだわりの条件や希少性の高い求人情報に特化した「anセレクト」(http://select-baito.weban.jp)、正社員、派遣、フリーターなど週5日以上の求人情報に特化した「anレギュラー」(http://regular-shigoto.weban.jp)、の3つの求人情報サイトで個人の求職ニーズに対応。有料求人誌「anウィークリー」、フリーペーパー「anエリア」とのメディアミックスにより最適な情報提供を行っていくことで、より多くの人と企業のマッチングを目指してまいります。

<株式会社インテリジェンスについて>
株式会社インテリジェンスは、1989年の創業以来 “人と組織を多様な形で結ぶ 「インフラとしての人材サービス」を提供し社会発展に貢献する“ という企業ビジョンのもと、人材に関する多様なサービスを展開。総合人材サービス会社として、幅広い求職者と企業に向けたサービスの向上に努め、より一層の成長を目指してまいります。 【提供サービス:DODA人材紹介、DODA求人情報、エグゼクティブサーチ、ファッション業界専門人材紹介、就職支援・採用支援、人材派遣、ITソリューションサービス、「an」サービス、「デューダ」サービス、「salida」サービス、組織・人事コンサルティング】

本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html