サイト内の現在位置

ニュースリリース

2009年9月4日

求人情報サービス「an」
2009年6月求人検索フリーワード 「寮」が最多に
サイト利用者はフリーターが大幅増加

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:高橋広敏)が運営する求人情報サービス「an」は、2009年6月の1ヶ月間、「an」の3サイト「anエリア」「anセレクト」「anレギュラー」にて、サイト利用者が求人検索にて入力したキーワードと利用者の属性について調査を行いました。結果がまとまりましたので、お知らせいたします。

※詳細は、採用企業向け情報サイト「anレポート」にて公開しています。
<http://weban.jp/contents/an_report/>

【調査結果】

■求人検索フリーワード -- 3サイトで「寮」が上位に
勤務地で探す「anエリア」では、1位「寮」、2位「短期」、3位「日払い」と続きました。6位「調査」、8位「データ入力」、9位「ケーキ」も昨年の10位圏外からのランクインとなっており、検索ワードが変化していることがうかがえます。
時間や給与など条件で探す「anセレクト」は、昨年同様、「調査」が1位。「anエリア」同様、「寮」が5位と上位になっているほか、「コールセンター」が10位と新たなワードも上位にランクインしています。
正社員志向の「anレギュラー」では、1位「新聞」、2位「寮」、3位「日払い」と続きました。
今回の調査では、全てのサイトで「寮」が上位となりました。「anレギュラー」1位の「新聞」は、新聞の配達や集金といった職種で寮完備であることが多いため、「寮」同様、住居を求める求職者が増えている結果といえます。昨今の景気低迷により、仕事と住居を求める求職者が増えているという、厳しい雇用情勢を表すランキングとなりました。 (図表1参照)

■求人サイト利用者の属性 -- 求職者はフリーターが増加、学生が減少
「anエリア」の利用者で最も多いのは「フリーアルバイター」で40.1%。前年同月も35.8%で最多となりましたが、今年はさらに4.3ポイント増加しました。次いで2位となった「大学生・大学院生」は21.3%で昨年より2.6ポイント減少しています。
「anセレクト」でも最も多いのは「フリーアルバイター」で45.0%。昨年の35.3%から9.7ポイントも増加しています。2位の「大学生・大学院生」は、昨年より7.4ポイント減少し19.5%に留まりました。
「anレギュラー」でも同様の傾向がみられ、最も多い「フリーアルバイター」は昨年より6.2ポイント増加して67.1%。次いで多かった「正社員・契約社員」が11.7%で昨年比1.6ポイント減少という結果となりました。
3サイトとも属性の構成に大きな変化はないものの、「フリーアルバイター」が占める割合が増加傾向という共通の特徴がみられました。総務省が発表した7月の失業率は5.7%と悪化を続けており、今後も「フリーアルバイター」として仕事を探す人が増加傾向になることが予想されます。採用企業側は、こうした仕事に対する積極的な姿勢をもつ人材を採用し、育てるという長期的なビジョンをもつことで、結果的に、求職者、採用企業、双方のニーズを満たすことにつながると考えられます。 (図表2参照)

【調査概要】
■調査期間
2009年6月1日~6月30日
■対象
<図表1>求人サイト「anエリア」「anセレクト」「anレギュラー」の検索機能「フリーワードから探す」で入力されたキーワード
<図表2>求人サイト「anエリア」「anセレクト」「anレギュラー」のいずれかで求人に応募された方

<図表1>サイト別 求人検索フリーワード



<図表2>サイト別 利用者属性割合

<「an」について>
「an」は、1967 年、「日刊アルバイトニュース」として創刊された求人媒体で、以降40年以上にわたり、主に若年アルバイト層の支持を受け、全国でアルバイトを中心とした求人情報提供サービスを展開してきました。2006年、これまで運営を手がけてきた株式会社学生援護会と株式会社インテリジェンスが経営統合。これを機に、2007年7月、「自分らしいシゴトが見つかる」というコンセプトのもと、新生「an」としてリニューアルしました。
現在は、各地域の求人情報に特化した「anエリア」<http://area-baito.weban.jp/>、こだわりや条件で探せる「anセレクト」<http://select-baito.weban.jp/>、正社員、派遣、フリーターなど週5日以上の求人情報に特化した「anレギュラー」<http://regular-shigoto.weban.jp/>という、個人の求職ニーズに対応した3つの求人情報サイトとともに、有料求人誌「an weekly」、フリーペーパー「anエリア」とのメディアミックスによる情報提供を展開。より多くの人と組織の最適なマッチングを目指してまいります。

本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html