サイト内の現在位置

ニュースリリース

2010年2月8日

女性は「友チョコ」「自分チョコ」、男性は「チョコいらない」半数?
バレンタインの楽しみ方さまざまに 関連バイトも人気根強く
~求人情報サービス「an」 バレンタイン意識調査を実施~

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:高橋広敏)が運営する求人情報サービス「an」は、バレンタイン意識調査を行いました。アンケートは、「モバケータウン」内の意識調査コーナー「モバゲーリサーチ」で実施され、サイトユーザー2万7799人から回答を得ました。

※「an」は、ケータイ総合ポータルサイト「モバゲータウン」を通じて、10代・20代・フリーターの方を中心にアルバイト情報を提供しています。

【 調査結果 】

■今年のバレンタインチョコの予算(女性) ~ 友達へ、自分へ…バレンタイン、楽しみ方いろいろ
女性にバレンタインのチョコの予算について聞いたところ、「1~1,000円」(25.7%)が最多、次いで「1,001~2,000円」(23.1%)、「あげない」(20.7%)と、7割近くがバレンタインチョコは2,000円以内で済ますとの回答となりました。

「1~1,000円」「1,001~2,000円」と回答した理由を見てみると、「手作りケーキなので安く」(20代)など手作りで安めに抑える派が多いことに加え、「家にあるもので友チョコを作る」(10代)、「自分にご褒美」(20代)というように、男性に想いを伝えるだけでなく、友達同士のコミュニケーションのきっかけや、自分へのご褒美購入など、様々な楽しみ方が定着していることが分かります。一方で、「あげない」と答えた人は、「めんどくさい」(10代)、「お金の無駄」(10代)、「あげない。むしろほしい」(20代)など、バレンタインより出費や時間を優先する、男性には少しさみしい背景もあるようです。(図表1参照)

■今年のバレンタインにもらいたいチョコの金額(男性) ~ 「どうせもらえない…」悲観的な男性
男性にバレンタインにもらいたいチョコの金額を聞いたところ、「いらない」が49.9%で最多、次いで「1~1,000円」(24.4%)、「1,001~2,000円」(12.0%)となりました。

「いらない」と回答した理由を見ると、「チョコの甘さが苦手」(10代)という意見も多い一方、「チョコとか都市伝説だろ」(10代)、「いらないっていうか、もらえない」(30代)、「べ、別に要らないんだからァァァァア」(20代)など、「もらえないだろう」という悲観的な理由も多くみられました。

半数近くの男性が「いらない」と回答している裏には、「チョコは嫌い、いらない」という意見とともに、「欲しいけどもらえないかも・・・」という気弱な男性の思いがあるようです。(図表1参照)

■「an」1月のフリーワード検索ランキング ~ 「バレンタインバイト」は人気
「an」Webサイトの求人検索に入力されたキーワードの2010年1月度ランキングでは「バレンタイン」が2位となっており、アルバイトを探す人にとって、チョコの販売やラッピングスタッフなどバレンタインバイトへの興味は高いことが分かります。

今回の調査では、「あげない・いらない」と回答した人が女性は5人に1人、男性は半数と、チョコをあげない・もらわない派が多数を占めましたが、バレンタインバイトの人気は根強いようです。(図表2参照)

<図表1>バレンタインチョコの予算(男性は、いくらのチョコがほしいかを回答)


<図表2>求人検索フリーワードランキング

【 調査概要 】
<バレンタイン意識調査>
■調査期間 : 2010年1月19日~1月25日
■調査対象 : モバケータウンに登録している男女
■調査方法 : モバケータウン内の意識調査コーナー「モバゲーリサーチ」で実施
■有効回答数 : 27,799人(男性9,797人、女性18,002人)

<求人検索フリーワードランキング>
■調査期間 : 2010年1月1日~1月31日
■調査方法 : 求人サイト「anエリア」「anセレクト」「anレギュラー」の検索機能「フリーワードで探す」で入力されたキーワードを集計

<参考>
モバゲータウン「バイト・仕事」へのアクセスはこちら

<「an」について>
「an」は、1967 年、「日刊アルバイトニュース」として創刊された求人媒体で、以降40年以上にわたり、主に若年アルバイト層の支持を受け、全国でアルバイトを中心とした求人情報提供サービスを展開してきました。2006年、これまで運営を手がけてきた株式会社学生援護会と株式会社インテリジェンスが経営統合。これを機に、2007年7月、「自分らしいシゴトが見つかる」というコンセプトのもと、新生「an」としてリニューアルしました。
現在は、各地域の求人情報に特化した「anエリア」<http://area-baito.weban.jp/>、こだわりや条件で探せる「anセレクト」<http://select-baito.weban.jp/>、正社員、派遣、フリーターなど週5日以上の求人情報に特化した「anレギュラー」<http://regular-shigoto.weban.jp/>という、個人の求職ニーズに対応した3つの求人情報サイトとともに、有料求人誌「an weekly」、フリーペーパー「anエリア」とのメディアミックスによる情報提供を展開。より多くの人と組織の最適なマッチングを目指してまいります。

本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html