サイト内の現在位置

ニュースリリース

2010年6月24日

求人情報サービス「an」調べ
人気リゾートバイトランキング 1位は「海の家」
~10代・20代の男女に聞いた、やってみたい夏のリゾートバイト~

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:高橋広敏)が運営する求人情報サービス「an」は、10代・20代の男女を対象に、やってみたい夏のリゾートバイトについてのアンケート調査を行いました。アンケートは、「モバケータウン」内の意識調査コーナー「モバゲーリサーチ」で実施され、サイトユーザー1万9,117人から回答を得ました。

「an」は、「モバゲータウン」(2010年5月末現在会員数:1,939万人、URL:http://mbga.jp/)を通じて、10代・20代・フリーターの方を中心にアルバイト情報を提供しています。

【 調査結果 】

■やってみたいリゾートバイトランキング ~ 夏といえば海!一度はやってみたい「海の家」バイト
やってみたい夏のリゾートバイトは何か聞いたところ、1位は「海の家」で33.3%。次いで、2位「テーマパーク」(16.6%)、3位「ホテル・温泉旅館・コテージ」(15.4%)と続きました。「海の家」を選んだ理由では、「夏って感じがするから」(10代男性)、「作業しながら『あっち~』って言いたい」(20代男性)、「日焼けしたい」(20代男性)と、男性は海で夏を満喫したい人が大部分。一方で、女性のコメントでは「ドラマみたいな恋愛が…できたら楽しそう」(20代女性)、「コテージに住み込みで海の家でバイトとかやってみたい」(20代女性)、「『ビールお待ちぃ』って言ってみたい」(20代女性)と、きらきらとした妄想が続出。やはり夏の定番、憧れバイトとして根強い人気のようです。海の家バイト経験者からも、「すごく楽しかったし、バイト終わりにボディーボードが毎日のようにできた!」(20代女性)など、好評コメントが目立ちました。

■男女別 人気のリゾートバイトは? ~ 男性は「海水浴場・プール監視員」、女性は「テーマパーク」
男女別に回答を見ると、人気バイトに違いが。男性の回答では、「海水浴・プール監視員」が「海の家」に次いで2位となりました。コメントでは、「水泳部ですから」(10代男性)と、得意分野を活かした夏バイトで活躍しようという人もいれば、「楽って聞いたから」(10代男性)とのコメントも……。監視員は、命を守る大事な仕事です!

一方女性では「テーマパークスタッフ」が10代、20代ともに「海の家」に続く2位に。「憧れはホーンテッドマンションのキャスト」(20代女性)、「ディズニーランドかUSJが理想」(10代女性)、「パレードに出たい」(20代女性)と、憧れのテーマパークで働くことを夢見るコメントが多数見られました。女性には何といっても、テーマパークならではの、かわいいユニフォームも魅力のようです。

6月終わりからは、夏休みを前に、本格的なリゾートバイト探しのシーズンとなります。ランキング上位を占めた夏の定番バイト以外にも、レジャーシーズンに向けた「イベントスタッフ」「キャンペーンスタッフ」などの募集も増えてきます。今年は農業ブームに乗って「高原野菜の収穫」もアリかも!?

学生にとって、夏休みは集中的にアルバイトができる時期でもあります。リゾートバイトは、住み込みで節約できたり、働きながら旅行気分も味わえたり…しっかり稼ぎたい人にも、夏を満喫したい人にも人気のアルバイトです。

【 調査概要 】
■調査期間
2010年6月10日~6月16日
■調査対象
モバケータウンに無料会員登録している10代・20代
■調査方法
モバケータウン内の意識調査コーナー「モバゲーリサーチ」で実施
■有効回答数
19,117人

<参考>
モバゲータウン「バイト・仕事」へのアクセスはこちら

<「an」について>
「an」は、1967 年、「日刊アルバイトニュース」として創刊された求人媒体で、以降40年以上にわたり、主に若年アルバイト層の支持を受け、全国でアルバイトを中心とした求人情報提供サービスを展開してきました。2006年、これまで運営を手がけてきた株式会社学生援護会と株式会社インテリジェンスが経営統合。これを機に、2007年7月、「自分らしいシゴトが見つかる」というコンセプトのもと、新生「an」としてリニューアルしました。
現在は、各地域の求人情報に特化した「anエリア」<http://area-baito.weban.jp/>、こだわりや条件で探せる「anセレクト」<http://select-baito.weban.jp/>、正社員、派遣、フリーターなど週5日以上の求人情報に特化した「anレギュラー」<http://regular-shigoto.weban.jp/>という、個人の求職ニーズに対応した3つの求人情報サイトとともに、有料求人誌「an weekly」、フリーペーパー「anエリア」とのメディアミックスによる情報提供を展開。より多くの人と組織の最適なマッチングを目指してまいります。

本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html