サイト内の現在位置

ニュースリリース

2011年3月10日

求人情報サービス「an」調べ
一緒に働きたい理想の店長は 「気配りができる」人
〜10代は「優しい」 20代からは「責任感」を重視〜

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:高橋広敏)が運営する求人情報サービス「an」は、理想の店長の条件についてアンケートを行いました。アンケートは、「モバゲータウン」内の意識調査コーナー「モバゲーリサーチ」で実施され、サイトユーザー2万6,254人から回答を得ました。

「an」は、「モバゲータウン」(2010年12月末現在会員数:2,448万人、URL:http://mbga.jp/)を通じて、10代・20代の学生・フリーターの方を中心にアルバイト情報を提供しています。

【 調査結果 】

■一緒に働きたい「理想の店長」とは — 「気配りができる」が最多
アルバイトとして一緒に働きたい「理想の店長」に求める条件を聞いたところ、「気配りができる」(32.0%)が最多に。次いで「優しい」(20.5%)、「責任感がある」(16.4%)と続きました。「上司や責任者の人柄が、店(職場)の良い雰囲気を作り出し…それが業績や、売上の向上につながる。これ鉄則」(30代男性)といったコメントに見られるように、全体的に店長の人柄を重視する人が多数を占めています。

「気配りができる」と回答した人のコメントでは、「言葉の言い方一つでやる気と信頼はすごく変わる。従業員を大切にしてるところは、だいたい会社(店)自体が売れてるところが多い」(30代女性)と、普段の何気ない態度や言葉を重視する意見が多数。中には、「前に働いていたバイト辞めたけどやっぱりその時の店長が好きで、今は店長追い掛けてバイト先まで1時間半かけて通ってます」(20代女性)なんて声も。小さな気配りの積み重ねが、スタッフ内の信頼感を醸成し、店の雰囲気を大きく変える好循環を生むようです。

■年齢別 — 10代は「優しさ」 20代からは「気配り」「責任感」
年齢別に回答を見ると、10代では「優しい」が32.3%で最多に。次いで、「気配りができる」(22.2%)、「責任感がある」(13.2%)と続きました。2位を10ポイント以上引き離して最多となった「優しい」は、20代以降、年代が上がるごとに回答率は減少しています。コメントでは、「ミスった時に叱ってくれて、仕事終わって落ち込んでる時に『あんま気にすんなよ。同じ失敗しなきゃいいんだから(笑)ほら、元気出せ』って言ってくれる人が理想かな」(10代男性)、「優しくて、なおかつ厳しい人がいい」(10代女性)という声が。アルバイト暦の浅い10代は、叱るべきところは厳しく叱り、アルバイトを通して成長させてくれる店長像に憧れるのではないでしょうか。

年代が上がるほど支持率を伸ばしたのは、「気配りができる」(10代:22.2%、20代:34.1%、30代:42.0%、40代:41.8%)と、「責任感」(10代:13.2%、20代:17.2%、30代:19.0%、40代:22.2%)。「責任感」と回答した人からは、「とりあえずこれないとあかんやろ(´Д`)責任感ない人の下は辛かった…」(20代女性)、「どんだけ優しくて気配りできても仕事に対する責任感がなければ下は苦労する」(30代男性)など、かつての経験からの説得力ある一言も。アルバイト経験を重ね、トラブルやミスへの対応など、店長に相談する場面が増える世代ほど、責任感のある店長への信頼度が増すようです。



【 調査概要 】
■調査期間
2011年2月9日〜2月15日
■調査対象
モバゲータウンに無料会員登録している全国の男女
■調査方法
モバゲータウン内の意識調査コーナー「モバゲーリサーチ」で実施
■有効回答数
26,254人 (男性:11,903人 女性:14,351人)

<参考>
モバゲータウン「バイト・仕事」へのアクセスはこちら

本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html