サイト内の現在位置

ニュースリリース

2011年7月27日

派遣求人ポータルサイト「DODA派遣」
派遣のボーナス、理想は18.5万円 賞与より働き方や職場環境を優先
〜派遣社員の賞与に対する意識調査〜

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:高橋広敏)が運営する派遣求人ポータルサイト「DODA派遣」は、現在派遣社員として働く女性300人を対象に、ボーナスに関する意識調査を実施しました。調査結果がまとまりましたので、お知らせいたします。

※詳細は、「DODA派遣」サイトにて公開しています。
http://doda.jp/office/haken/promo/index.html

【 調査結果 】

■ボーナス、貰えるならいくら?—理想の金額、平均18.5万円 使い道は「旅行」が1位
 派遣社員として働く女性に、"派遣社員として"賞与をもらえるとした場合の理想の金額を質問したところ、平均金額は18.5万円となりました。金額別にみると、「10万〜20万円」が32.7%で最多。次いで「20万〜30万円」(25.3%)となり、約1カ月分の月収額を希望する傾向にあります。
賞与の使い道を聞いたところ、1位は「旅行」、次いで2位「貯金」、3位「PC」という結果になりました。小物などのショッピングより、しっかり貯金し、自分が満足する形でお金を消費したいという傾向が見られます。(図表1参照)

■派遣で就業を続ける理由—時間の融通、職場環境を重視
一方で、賞与支給をめざして、正社員への転職活動を行ったかどうか聞いたところ、「したことがある」は、31.9%と3割にとどまりました。そこで「したことがない」と回答した人にその理由を聞いたところ、「時間の都合がつきやすいなど、派遣の働き方が合っているため」が49.6%で最多。次いで「今の職場(人間関係・職場環境など)が気に入っているため」(39.2%)、「転職活動をしても受からないと思ったため」(38.4%)、「仕事内容があっているため」(35.2%)と続きました。

通常、派遣形態で働く社員には、賞与が支給されないのが一般的であるため、賞与の支給時期に正社員を目指す人も一部みられるようです。しかし、多くの人は転職活動を行わず、派遣で働くことを選択しています。派遣を選ぶ人の多くは、派遣の働き方や仕事内容、職場環境を重視しており、現状に満足している比率が高いことが分かりました。(図表2参照)

【調査概要】
■調査時期
2011年7月8日〜7月10日
■調査対象
全国の、派遣形態で就業中の25〜34歳の女性
■有効回答数
300人
■調査方法
インターネットリサーチ





本件に関するお問合せ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html