サイト内の現在位置

ニュースリリース

2012年7月23日

求人情報サービス「an」
若者の「今」が分かる「若年層白書2012」を発行
〜 ライフスタイル、アルバイト・仕事の「はたらく」観を分析 〜

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)が運営する求人情報サービス「an」は、若者のライフスタイルや就業観などをまとめた「若年層白書2012」を発行いたしましたので、お知らせいたします。これは、15〜25歳のアルバイト経験がある、もしくはしたいと思っている男女2,447人を対象にした調査結果をまとめたものです。

白書では、若者が育った時代背景・環境についてまとめたほか、友人の人数やTV番組・アプリなどの流行、金銭感覚などの価値観といったライフスタイルの調査結果も収録しました。また、若者のアルバイト事情や将来に対する考えなど、若者の「はたらく」観についても調査、分析を行っております。

【調査結果 一部抜粋】

■若者のライフスタイル—高校生、「学校」に次いで多い「ネット上で知り合った友人」 
「友達の人数」では属性別に平均値をみると、高校生は83人、大学生は58人、フリーターは36人と、高校生が最も友人数の多い結果に。また高校生は「ネット上で知り合った」友人が22人(会ったことがある人4人、会ったことがない人18人)と、「学校の友人」に次ぐ多さで、ネット上のつながりにも積極的であることが分かります。<図表1参照>

■平均的なアルバイト代—大学生は3万円弱、フリーターは8万円
第2部では、若者の金銭感覚についてもまとめています。1カ月の平均収入を聞いたところ、アルバイトからの平均収入は、高校生が26,370円、大学生は28,876円、フリーターは82,275円となりました。一方で1カ月の支出金額と用途をみると、生活費を除けば、高校生では「携帯・スマホ代」(5,954円)、大学生になると「カード返済」(19,691円)が最多に。フリーターは、「携帯・スマホ代」が12,092円と他属性より高額になるほか、「趣味」(15,480円)に支出をする傾向が顕著になります。<図表2参照>

■やってみたいアルバイト—カフェスタッフが一番人気に
第3部で、未経験でもやってみたいアルバイトを聞いたところ、「カフェスタッフ」が最も人気に。男女別にみると、女性の約半数が「カフェスタッフ」と回答しています。一方で男性は「コンビニスタッフ」(23.8%)が最多で、次いで「塾・家庭教師」(20.7%)、「事務」(19.9%)、「軽作業」(18.8%)とさまざまな職種があげられています。警備員や配送スタッフなど、体力仕事が多くランクインしているのも特徴です。<図表3参照>

※「若年層白書2012」の第1〜3部は、下記URLよりPDFがご覧いただけます。

第1部:http://weban.jp/contents/an_report/pdf/hakusho/hakusho2012-gqrhsk1.pdf
第2部:http://weban.jp/contents/an_report/pdf/hakusho/hakusho2012-shipns2.pdf
第3部:http://weban.jp/contents/an_report/pdf/hakusho/hakusho2012-jfmlsi3.pdf
第4部は、メルマガ会員(登録無料)のみご覧いただけます。

※「an」メルマガ会員への登録サイトはこちら
https://weban.jp/webapp/gen/PSPCHMM001E.do?CMD=590&MDA=01
(7月24日(火)、8月7日(火)、8月21日(火)配信のメルマガ内で、ダウンロードURLをお知らせします)

<若年層白書2012 目次>
第1部 ■ 人口推移と成育環境
   第1章:人口推移 
   第2章:成育環境 

第2部 ■ ライフスタイル
   第1章:基本生活
   第2章:マインドの特徴
   第3章:金銭感覚

第3部 ■ アルバイト事情
   第1章:アルバイト経験と相談相手
   第2章:アルバイト観

第4部 ■ 将来・仕事観
   第1章:将来に対する考え
   第2章:将来の“はたらく”に対する考え

付録 ■ まとめ/調査概要





本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html