サイト内の現在位置

ニュースリリース

2013年2月25日

転職サービス「DODA(デューダ)」
全65職種 仕事満足度ランキング2013
〜医療系職種で満足度高 社会貢献性、専門性高い点にやりがい、
待遇の良さも影響〜

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」<http://doda.jp/>は、25〜39歳のビジネスパーソン5,000人を対象に、仕事に対しての満足度調査を行いましたのでお知らせします。本調査は、現在就いている職業について、仕事内容、職場環境、給与・待遇、労働時間それぞれの満足度を点数(100点満点)で回答してもらった結果をまとめたものです。

※ ランキング順位、投票理由は次ページをご覧ください。
※ 調査結果の詳細(6位以降のランキングなど)はDODAサービスサイトをご確認ください。
http://doda.jp/guide/manzokudo/2013


【 調査結果概要 】

【仕事内容】
1位は「臨床開発/治験関連」 社会貢献性や専門性の高い職種で満足度高い傾向に

仕事内容の満足度が最も高い職種は「臨床開発/治験関連」でした。社会貢献性や専門性の高い仕事にやりがいを感じている人が多いようです。2位の「秘書」は「身近に役職の高い人が多く勉強になる」という声がみられ、3位の「コンサルタント」は「自分にしかできない仕事で、介在価値を実感できる」という声がありました。また、4位の「投資銀行業務/ディーラー」や6位の「薬剤師」、7位の「法務」「経理/財務」など、専門的な仕事が上位にランクインしています。

【給与・待遇】
1位は「MR(医薬情報担当者)」 待遇の妥当性や時間当たりの給与が満足度に影響

給与・待遇に対する満足度では「MR(医薬情報担当者)」がトップでした。2位は「臨床開発/治験関連」、3位は「コンサルタント」が続きます。これらトップ3より年収の高い職種はあるものの、上位職種は「手当が充実している」、「時給換算すると高い」、「仕事内容や成果に対して妥当な金額」といった面で、満足度が高いようです。

【労働時間】
1位は「投資銀行業務/ディーラー」 自分のペースで働ける職種が上位に

労働時間の満足度では1位が「投資銀行業務/ディーラー」、2位は「MR(医薬情報担当者)」、3位は「経理/財務」でした。DODA残業時間調査2012によると、「投資銀行業務/ディーラー」の月間残業時間は41.3時間、「MR」は33.8時間と、全体平均の28.6時間より多く、労働時間が短いわけではありません。それでも満足度が高いのは、自分の裁量で労働時間を調整できることや、仕事内容や報酬とのバランスが良いことが影響しているようです。

【解説】
何を重視し、どんな働き方であれば納得できるのかを明確にしたキャリアプランニングを

今回の調査では、上位に「臨床開発/治験関連」や「MR(医薬情報担当者)」、「薬剤師」など、医療系職種が目立ちました。医療系職種は社会貢献性、専門性ともに高く、待遇も比較的良いことが影響しているようです。一方、調査結果からは、給与が高く、労働時間が短ければ、必ずしも満足度が高まる訳ではなく、本人がその状況を妥当だと思えるかどうかが重要だということも分かります。就業先を選ぶ際には、自分が仕事の中で何を重視し、どんな働き方であれば納得できるのかを整理しておくことが、転職後の満足度を高めるために大切であると言えそうです。(DODA編集長 木下学)

【調査概要】
■対象者 : 25〜39歳のホワイトカラー系職種の男女
■雇用形態 : 正社員・契約社員
■調査手法 : ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
■実施時期 : 2012年10月27日〜29日
■有効回答数 : 5,000件




本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html