サイト内の現在位置

ニュースリリース

求人情報サービス「an」調べ
バイト内でSNSがあったほうがいい理由、1位は「シフト連絡に最適」
~業務連絡からバイト内外コミュニケーションツールとして便利~

2014年8月27日

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)が運営する求人情報サービス「an」は、アルバイト経験のある18~24歳までの男女1,000人を対象にアルバイトにおけるSNS利用の状況についてアンケートを行いました。結果がまとまりましたので、お知らせいたします。

■アルバイト内のSNSを利用している人は28.8%、業務連絡やコミュニケーションツールとして幅広く活用

アルバイト経験があり、普段からSNSを利用している人に、アルバイトにおけるSNSの利用状況について聞いたところ、28.8%が「利用している」と回答しました。
一番多い利用目的は、「休みや遅刻などのシフト連絡」71.0%、次いで「業務連絡」64.2%、「スタッフ全員のコミュニケーション」40.2%、「一部のスタッフ限定のコミュニケーション」31.4%という結果に。バイトメンバーでチャットグループを作り、シフト情報の共有や調整をする、などの使い方が多いようです。<図表1、2>


■バイト内SNSは、「あったほうがいい」38.2%、「ないほうがいい」61.8%

バイト内でのSNS活用について「あったほうがいい」と回答した人は38.2%でした。理由としては、「シフト調整がしやすい」79.3%が最多に。次いで「業務連絡がスムーズ」71.5%、「他のスタッフと仲良くなれる」54.5%と続きました。「シフトが貼り出されると、最初に行った人が写真を撮ってみんなに共有している」(22歳男性)、「以前バイトをしていた人もグループにいて、仕事の質問に何でも答えてくれる」(20歳女性)など、バイト時間外でもコミュニケーションを円滑に進めるツールとして活用しているというコメントも多く見られました。

一方、「ないほうがいい」と回答した人の理由は、「プライベートを知られたくない」50.5%が最も多く、次いで「わずらわしい・めんどくさい」50.2%、「辞める時に気まずい」40.9%でした。コメントでは、仕事とプライベートを切り分けたいという意見も目立ちました。<図表3、4>
バイトライフをより便利に、円滑にすることができるSNS。一方でその利用には、それぞれのコミュニティの特性に合わせた配慮が必要そうです。

※バイト内SNSやってよかったエピソードは?など他の質問は「1000人のanバイト白書」でご覧ください。


【調査概要】

■調査期間 : 2014年7月1日~7月6日
■調査方法 : インターネットリサーチ
■調査対象 : アルバイト経験がある18~24歳の全国の男女
■有効回答数 : 1,000件

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス