サイト内の現在位置

ニュースリリース

ファッション業界専門 人材サービスのクリーデンス
アパレル・ファッション業界の「転職回数」調査結果を発表
~ パタンナーは転職未経験者と5回以上が多く、二極化の傾向 ~

2014年10月24日

ファッション業界専門の人材サービスを手がける株式会社クリーデンス(本社:東京都港区 社長執行役員:藤田 芳彦)は、アパレル・ファッション業界における「転職回数」調査結果を発表いたします。本データは、クリーデンスに2014年1月~9月によせられた転職希望者数を集計したものです。

■転職者が多い職種は、「生産管理・物流・貿易」と「マーケディング・プレス・販促」

人材が流動しやすく、転職率が高いと言われているアパレル・ファッション業界。しかし転職サイト「DODA」に登録する全業種の転職希望者(2014年3~9月)と、クリーデンスに登録するファッション業界の転職希望者(2014年1~9月)の転職経験者の割合を比較したところ、「DODA」登録者が57.9%だったのに対し、クリーデンス登録者は60.4%と、大きな差はみられませんでした。

アパレル・ファッション業界の中で転職経験者の割合が高かったのは、「生産管理・物流・貿易」(68.6%)と「マーケディング・プレス・販促」(71.7%)でした。また「パタンナー」は、転職未経験者の割合が43.8 %と、他職種よりも高い一方、5回以上の転職経験者の割合は最多の10.8%となり、二極化の傾向がみられました。

同じアパレル・ファッション業界内でも、職種により、就業や転職の傾向には違いがみられます。転職の際に気にかかる転職回数ですが、パタンナーやマーケティン・プレス・販促といった、より専門性と経験が求められる職種では転職回数よりも、スキルや経験を重視した採用傾向がありそうです。(クリーデンス 社長執行役員 藤田 芳彦)


【職種別転職回数】


【株式会社クリーデンスについて】

株式会社クリーデンスは、ファッション業界専門の人材紹介会社として2001年8月に設立。インテリジェンスの転職支援サービスのノウハウを柱に、デザイナー、パタンナー、MD、店長/販売のほか、ファッション業界のスペシャリストに特化した人材紹介サービスのリーディングカンパニーとして、人と企業の最適な出会いをプロデュースしています。 

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス