サイト内の現在位置

ニュースリリース

求人情報サービス「an」
「趣味」や「好き」をバイトにしたい人が8割以上
~ 「アルバイトと趣味」についてのアンケート調査 ~

2014年11月25日

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)が運営する求人情報サービス「an」は、アルバイト経験のある18~24歳までの男女1,000人を対象に「アルバイト代と趣味」についてアンケートを行いました。結果がまとまりましたので、お知らせいたします。

■筋トレが好きで引っ越しバイト!? 「趣味」や「好き」なことから選ぶバイトには意外なものも

アルバイト経験のある人に、アルバイトを「趣味」や「好き」だからという理由で選んだことがあるかきいたところ、37.6%の人があると回答しました。具体的には「黙々とモノをつくるのが好きで封入・梱包の軽作業」、「テニスや水泳が好きでインストラクター」、「音楽が好きで、イベントの設営やCDショップ」、「筋トレが好きで引っ越しバイト」など、まさに趣味と実益を兼ねた回答が。また、「温泉が好きで水質管理のバイト」、「冷蔵庫の匂いが好きで家電販売」、「コスプレが好きで、携帯や家電のキャンペーンスタッフ」を選んだという、意外な回答も寄せられました。<図表1>

■81.6%は「趣味」や「好き」をバイトにしてみたい

「趣味」や「好き」だからという理由でアルバイトを選ばなかった人が重視しているのは、1位「エリア」(58.5%)、2位「時給」(53.0%)、3位「シフト(勤務日数、時間)」(46.2%)という結果になりました。しかし実際に「趣味」や「好き」でバイトを選んでいる人が4割未満でも、「趣味」をバイトにしたいと思っている人は、81.6%と高い割合に。そこで、「あったらいいな」と思うアルバイトを聞いたところ、「海でのライフセーバーのバイトで、朝と夜は釣り」、「英語の字幕翻訳のバイト。好きなハリウッド映画を見放題」といった、「趣味」に近いバイト以外にも、「化粧品会社でバイトするうちに、女性らしくなって、きれいな人になる」、「代議士秘書のバイト。政界とのつながりを得る」など、「趣味」や「好き」から発展し、将来を見据えた理想のバイトも。実際の仕事にする前に、アルバイトとして体験してみることで、「趣味」や「好き」が職業になった時のイメージもつきやすくなりそうです。<図表2・3>


<「若年層白書」2014年版 今後の予定>

※バイトしてから、趣味に変化はあった?など他の質問は「1000人のanバイト白書」でご覧ください。
http://weban.jp/contents/c/anke/201411/index.html

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス