サイト内の現在位置

ニュースリリース

求人情報サービス「an」
若者が望む20代の過ごし方 男女とも「仕事中心」が6割以上
~ an若年層白書2014年 「いま」の将来観 ~

2014年12月4日

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)が運営する求人情報サービス「an」は、全国の15~24歳までの男女2,476人のライフスタイルやアルバイト経験、将来・仕事観についてまとめた「若年層白書」を発表します。

第四回目となる今回は、「いま」の将来観をテーマに、人気の職業や、幸せに必要なことなどについて調査、分析しています。

■将来に向けてしていることは「貯金」が最多

将来に向けてしていることが、今あるかという質問には、73.4%の人が「ある」と回答しています。また17.7%が「何かしたいが、今はしていない」と回答しており、約9割は将来に向け何かしているか、何かしたいと考えていることがわかりました。実際に将来に向けてしていることの総合1位は「貯金」(35.6%)、2位「資格を取ること・英会話」(25.6%)、3位「その他勉強」、「いろいろな人と話す・人脈を広げる」(18.0%)という結果に。また、「貯金」は高校生、大学生、フリーター、それぞれのランキングでも共通の1位となっています。「将来に向けて、今から備えておこう」という安心感を求める傾向が伺える結果となりました。(図表1・2)


■職業選択では「安定」を重視し、「仕事中心」に20代を過ごしたい

大学生に将来なりたい職業を聞いたところ、1位「公務員」、2位「教員・トレーナー」、3位「研究者/研究施設スタッフ」という結果に。大学生の職業選択では「安定」や「普通」であることを重視する傾向が見られました。また、20代をどう過ごしたいかという質問には、62.6%の人が「仕事中心に過ごしたい」と回答。男女でも割合に大きな差はありませんでしたが、女性の方がより仕事を重視しているようです。(図表3・4)


■幸せに必要なのは男女ともに「やりたい仕事をしている」こと

30歳になった時の幸せに必要なことを聞いてみると、男性では1位「やりたい仕事をしている」(54.9%)、2位「好きな趣味ができていること」(42.7%)、3位「人より多くのお金」(38.7%)という結果になりました。一方女性では、1位「やりたい仕事をしている」(51.3%)、2位「結婚していること/家族・子供に恵まれていること」(45.7.%)、3位「友人に恵まれていること」(44.6%)と、1位は男性と同じ回答に。今回の調査から、性別に関わらず、多くの若者が積極的に仕事をしたいと考え、幸せになるためには必要なことだととらえていることがわかりました。(図表5・6)


<「若年層白書」2014年版 今後の予定>

第5回:12/18(木)若者タイプ図鑑
… 全調査結果をもとに、若者のタイプを分類し、その志向や傾向を分析
第6回:1/5(月)最終メッセージ「いま」の若者
… 第1回~5回までをまとめ、今の若者とは何かを分析

※「若年層白書」2014年版 全文はこちら
http://weban.jp/contents/wakamono/jakunen2014_pc/

※若年層白書は、2012年から毎年発行しています。2012年版、2013年版はこちら
http://weban.jp/contents/an_report/download/hakusho2012.html
http://weban.jp/contents/an_report/download/hakusho2013.html

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス