サイト内の現在位置

ニュースリリース

エンジニアのためのIT勉強会・セミナー情報サイト「dots.」
2014年下半期の注目テクノロジーがわかる、
エンジニア約9000人が選ぶ「dots. ITタグランキングTOP30」を発表
・1位 「JavaScript」  3割以上のエンジニアが注目、グローバルでも話題
・2位 「HTML5」 デバイスとつながり、「Web of Things」の実現化
・3位 「iOS」 iOS8の登場で、モバイルデバイスの本格的普及フェーズへ

2014年12月11日

エンジニアのためのIT勉強会・セミナー情報サイト「dots.」(ドッツ)を運営する 株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)は、dots.サービスに登録している9,000人のエンジニアが選んだ「2014年下半期 注目のITタグランキングTOP30」を発表いたします。このランキングは、2014年7 月1日~12月7日に、dots.ユーザーが「お気に入りタグ」として登録した技術言語、イベント形式等のタグを集計したものです。タグは、現在約260個の技術キーワードから構成されています。ユーザーは、興味のあるタグを「お気に入りタグ」に登録することで毎朝新着イベント情報を受け取ることができます。
調査結果の詳細はdots.サイトにて公開しております。
http://eventdots.jp/rankingpages/2014_second_half

【結果概要】

■ ランキングの結果、1位は「JavaScript」、2位「HTML5」、3位「iOS」、4位「Android」、5位「AWS」。 Javascriptは、dots.ユーザーの約31%が動向をチェック。
■ 2014年は、Hack、Swiftの公開やAWSのDockerサポート発表など新たな技術に注目が集まった。さらに、iPhoneやAndroidに追随するデバイスとして次々と登場するウェアブルデバイスの台頭など、エンジニアにとってパラダイムシフトを感じさせる1年に。
■ 1位「JavaScript」:この1年でますます対応範囲を拡大。記述量が増えたことによりMV*フレームワークの人気が広がり、フレームワーク間で議論が展開するなどの盛り上がりを見せた。
 (林 優一氏/株式会社LIG フロントエンドエンジニア)
■ 2位「HTML5」 : ハイブリッドアプリや自動車、テレビ、家電、デジタルサイネージなど多くの業界に広がり、様々なデバイスと繋がっていった。
 (吉川 徹氏/html5j代表)
■3位「iOS」 : iOSはますますAndroidと似たものに。デバイスの違いを越えて、モバイルデバイスをインフラとして利用するサービスや新しいデバイスを試行錯誤するフェーズに入る。
 (岸川 克己氏/株式会社ユビジレジ ソフトウェアエンジニア)

【全体解説】

ランキングの結果、上位は、1位「JavaScript」、2位「HTML5」、3位「iOS」、4位「Android」、5位「AWS」という順位となりました。Javascriptは、dots.ユーザーの約31%が注目のキーワードとして動向をキャッチしています。リッチな表現の実現が可能となり、リッチなアニメーションコンテンツなどが増えてくると思われます。
2014年は、新言語HackやSwiftの公開、AWSのDockerサポート発表といった新しい技術の活躍の裏では、WindowsXPのサポート切れやSSLのバグ発覚など様々な動きがありました。ハードウェアにおいてもiPhoneやAndroidに追随するデバイスとして次々と登場するウェアブルデバイスの台頭など、エンジニアにとってパラダイムシフトを感じさせる1年に。2015年は、さらなるスマートフォンの普及とビックデータ活用の波により注目が集まっているIoTの発展により、どのようなサービス・製品が生まれるのか期待が高まります。(dots.編集部)

【調査概要】

調査方法 2014年7 月1日~12月7日に、dots.ユーザーが「お気に入りタグ」として登録した
技術言語、イベント形式等のタグを集計
ユーザ数 約9,000人


※各項目別の解説をdots.サイトにて公開しております。
1位「JavaScript」
 表現できる世界が拡張
 林 優一氏(株式会社LIG フロントエンドエンジニア)
2位「HTML5」
 「Web of Things」の実現化
 吉川 徹氏(html5j代表)
3位「iOS」
 iOS 8発表による転換
 岸川 克己氏(株式会社ユビジレジ ソフトウェアエンジニア)
4位「Android」
 Androidファーストの時代へ
 小俣 泰明氏(株式会社トライフォート 代表取締役Co-Founder/CTO)
5位「AWS」
 新サービスの利用を促進
 篠原 英治氏(アマゾン データサービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト)

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス