サイト内の現在位置

ニュースリリース

2013年2月26日

ファッション業界専門人材紹介サービスのクリーデンス
「ファッション業界 職種別平均年収2013年版」を発表
〜 プレス、OEM営業などが高年収に 〜

ファッション業界専門の人材紹介を手がける株式会社クリーデンス(本社:東京都港区 社長執行役員:高草木 敦)は、「ファッション業界 職種別平均年収2013年版」を発表いたします。本調査は、クリーデンスの人材紹介サービスに、2012年1月から12月までに登録した転職希望者のうち、25〜39歳に該当する約1,300人の給与データを集計したものです。

※各職種の転職市場、採用のポイント等詳細は、クリーデンスサービスサイトにて公開しております。 http://www.crede.co.jp/contents/apparel-income/index.html


■ファッション業界 職種別平均年収 — プレスが各年代で上位に 営業職も高年収
年代別の平均年収を見ると、25〜29歳では、「OEM営業」が379万円で1位。次いで「プレス」(377万円)、「営業(OEM除く)」(339万円)と続きました。30〜34歳は、「ビジュアルマーチャンダイザー(VMD)」が444万円で1位。次いで、「プレス」(436万円)、「OEM営業」(433万円)となっています。35〜39歳では、「MD・バイヤー」が572万円で1位。次いで、「営業(OEM除く)」(522万円)、「プレス」(512万円)が上位となりました。

全ての年代で上位3職種に入った「プレス」は、ブランドの顔となり、雑誌などのメディアやSNS等を通じて消費者にブランドを伝える重要なポジションです。特にSNSの活用については2012年以降でさらに発展しており、他の媒体とのクロスメディア戦略がとられ始めている中で、より顧客にあわせた戦略の策定・実施ができる人材が求められています。もともと、1ブランドにつき一人のポジションのため求人は少ないですが、新規ブランドや立ち上げ間もないブランドで、求人が発生するケースが見られました。
各ブランドにおけるOEM化が進む動きに比例して、OEM営業の需要も高まりつつあり、結果的にファッション業界内では高めの年収となっています。

■ファッション業界 2013年転職市場動向 — 求人は増加傾向も採用基準は高く
2012年は、求人全体は昨年比で増加傾向となりました。2011年に引き続き、OEM化を推し進める動きは好調で、OEM営業のニーズが増しています。また2012年は芸能人を起用したCMの放映も盛んで、それにともなう店舗、SNSなどでのブランド浸透戦略に力を入れる企業が増加しました。こうした背景を受け、VMDやプレスに求められる役割はより大きくなりつつあります。

2013年も、引き続き求人の増加傾向は続きそうです。しかし、どの職種においても採用基準の高さに変化はありません。実務経験だけでなく、具体的にブランドをどう成長させていくかという戦略を立て、実行できる人材がますます求められるでしょう。転職を検討する場合、現職でより実績を積むことはもちろん、例えば販売職であればさまざまなブランドに足を運び接客を受けたり、プレスであればSNSなど過去使ったことのないメディアの勉強をするなど、自らスキル研鑽する姿勢が必要です。

(株式会社クリーデンス 社長執行役員 高草木 敦)


414


本件に関するお問合せ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html