サイト内の現在位置

ニュースリリース

求人情報サービス「an」調べ
2014年3月 アルバイト平均時給 全国平均979円
7カ月連続前年比プラス 採用難続き、バイトの離職率低減を模索する企業が増加

2014年4月21日

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)が運営する求人情報サービス「an」では、求人情報メディア(PC・モバイル・スマートフォンサイト、有料求人誌、フリーペーパー)に掲載された求人広告から173職種について、平均時給を分析しています。2014年3月の結果をお知らせします。
■調査は2002年より行っております。過去のデータをご覧になりたい場合は、広報部までお問い合わせください。
■「an」で実施しております意識調査や求人情報に関するデータは、採用企業向け情報サイト「anレポート」にて公開しております。

【全体】 ~ 平均時給 979円。前月比4円の減少、前年4円の増加。 7カ月連続の前年比プラス

2014年3月の全国平均時給は979円(前月983円、前年同月975円)で、前月比4円の減少、前年同月比4円の増加となりました。「an」に寄せられる求人数(※)は前月比+8.9%、前年同月比+78.7%と大きく伸び、2008年8月の集計開始以来の最多記録を3カ月連続で更新しています。

【エリア別】 ~ 北海道、関東の2エリアで前年比プラス 

2014年3月のエリア別平均時給は、関東エリアが1,030円と最も高く、次いで関西エリア(971円)、東海エリア(964円)、九州エリア(843円)および北海道エリア(836円)の順となりました。対前年増加率は、北海道(+0.2%)、関東(+0.9%)の2エリアではプラス、東海(-0.6%)、関西(-1.3%)の2エリアではマイナスとなり、全体では+0.4%でした。

【職種別】 ~ フード系27カ月、サービス系は9カ月連続プラス  

2014年3月の職種別平均時給は、「専門職系」(1,093円)が最も高く、「運輸職系」(1,068円)、「サービス系」(1,029円)、「事務系」(1,017円)、「技能・労務系」(978円)、「フード系」(942円)、「販売系」(899円)と続きました。 対前年増加率では、27カ月連続前年比プラスの「フード系」(+1.1%)をはじめ、「サービス系」(+3.5%)では9カ月、「事務系」(+1.2%)では3ヶ月連続で前年比プラスが続くなど、7職種中4職種で前年比プラスとなり、全体では+0.4%でした。アルバイトの入れ替わりのシーズンであったことに加え、消費増税前の駆け込み需要対応も重なり、仕分け・梱包などを行う「軽作業・ラインスタッフ」などを中心に、引き続き企業のニーズの高い状況が続きました。

■平均時給  

表

※「an」、「anエリア」、「anレギュラー」の3サイトの掲載合計数。「an」のWebサイトは2013年8月にリニューアルをしているため、リニューアル前の数値と比較できるよう、一部を再計算しています。

【2014年1月~3月 アルバイト市場動向】

2014年1月から3月は、昨年から続く人不足に加え、学生アルバイトの入れ替わりシーズンを迎え、求人数が過去最多を更新するなど、アルバイト採用が一層過熱した3カ月でした。

学生アルバイトの多い「フード系」や「販売系」、「サービス系」の採用が活発であったほか、消費増税前の駆け込み需要対応のため、仕分け・梱包等を行う軽作業スタッフや、工場のラインスタッフのニーズも旺盛でした。そのほか、景気好転によりオフィスの増床や移転を図る企業が増え、引越しスタッフなど「運輸系」の採用も激化しました。

アルバイト採用が困難を極める中、アルバイトスタッフの正社員化を促進するなど、アルバイトの離職率を下げる取り組みを模索する企業が増加しています。また、アルバイトスタッフの多い大手チェーンなどでは、アルバイト採用が経営課題の最優先事項になりつつあり、従来は各店舗にアルバイト採用を任せていた企業が、本部にアルバイト採用専属チームを組成する事例も現れています。春闘シーズンの1~3月は、正社員の待遇改善の話題が豊富でしたが、今後もアルバイト市場の人手不足が継続すれば、非正規社員の待遇改善事例も増加していくと想定されます。

※詳細資料やグラフは下記よりご覧いただけます。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス