サイト内の現在位置

ニュースリリース

1999年11月30日
株式会社インテリジェンス

設立間もないベンチャー企業に対し、出資を条件とした
人材紹介手数料、人材派遣料割引制度スタート

総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(社長:鎌田和彦、本社:東京都港区)は、急速に成長するベンチャー企業に向けての人材の確保・組識の構築のために、出資を条件に紹介手数料を割引する制度をスタートさせました。

成長企業に対する資金支援策や株式公開企業の増加などの昨今の時代背景から、成長が見込まれる有力な企業が多く生まれています。このような成長企業は人材の確保について問題を抱えていることが多く、特に設立間もないスタートアップ段階の企業に関しては知名度・信用力の無さから優秀な人材の確保が非常に難しい状況にあります。中でもネットベンチャーと呼ばれるようなインターネット関連や通信関連業界の新興企業に関しては、企業の成長スピードに人材確保が間に合わない状況にあります。ところが企業にとって、人材の採用・育成のためにかけるコスト負担には限界があります。

成長企業にとって人材確保と適確な組織構築は最重要課題であり、インテリジェンスではこれまでもそうした企業群に対する支援態勢を強化してきました。今回インテリジェンスではそうしたスタートアップ段階の企業の人材確保・組織構築を支援するためにの新施策として、出資を条件とした一定期間の人材紹介手数料・人材派遣料の特別割引制度を実施することを決定しました。例えば人材紹介手数料であれば、通例紹介人材の初年度年収の30%~35%を手数料として受け取るのに対し、本制度を前提にインテリジェンスが出資した企業に対しては紹介手数料を通常の1/2~1/3のディスカウント価格で提供します。

また人材派遣・アウトソーシング・組識コンサルティングなどの各種サービスに対しても低廉な価格でサービスを提供していきます。これにより成長企業の早期株式公開を人事・組織面からバックアップいたします。

この制度の第一号案件として本年12月に予定される株式会社ガリバーコーポレーション(会長:松竹浩彰本社:東京都新宿区 電話03-5292-5795)の第三者割当増資を10株、2590万円にて引き受けることを決定いたしました。ガリバーコーポレーションは本年度中に営業要員を中心に全国で100名の新規採用を計画しており、インテリジェンスは中途採用・新卒採用の両面からそれを強力に支援します。ガリバーコーポレーションは2000年9月期決算にて株式を店頭公開予定。インテリジェンスは2000年3月に店頭公開を予定しており、こうした成長企業支援施策を公開前の段階で総投資額1億円程度見込んでいます。また公開後は調達資金を原資として更に増額する予定です。

■ガリバーコーポレーション株式会社
ガリバーコーポレーション株式会社(会長:松竹浩彰 本社:東京都新宿区 電話 03-5292-5795)は移動体通信キャリアの販売代理店事業並びに移動体通信サービスを利用した情報コンテンツ事業を行っております。1996年7 月設立で売上29億円、経常利益2億円(99年9月期)。1998年12月から株式会社光通信との取引で、企画系携帯電話販売代理店の中では後発にもかかわらず、現在の販売台数は全国一位の販売実績をあげています。2000年4月にバーチャルシティサービスの提供を開始予定。2000年9月期売上高は65 億円を見込んでおり、2000年9月期での株式公開予定。現在社員25名 出向営業社員40名 アルバイト500名。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス