サイト内の現在位置

ニュースリリース

2000年5月9日
株式会社インテリジェンス

株式会社インテリジェンス、マイクロソフト
株式会社からの受託を期に、ASPとOSPによる
ペイロールアウトソーシングシステムを
本格的に運用開始

昨今、急速な立ち上がりを見せるインターネット関連新興企業(ネットベンチャー)の登場やインターネットの普及による電子商取引(EC)の活発化など今後のインターネット関連業界の発達は間違いないと見られており、その中でもインターネットを活用して業務ソフトを期間貸しする「ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)事業」には特に注目が集まっています。

株式会社インテリジェンス(代表取締役社長:鎌田和彦、本社:東京都港区)では、独自開発したシステムによるASPサービスとOSPサービス(オペレーション・サービス・プロバイダー)を駆使したペイロール(給与計算)アウトソーシング業務代行を本格稼動させ、ペイロール業務のアウトソーシングにおいては日本初となるインターネットを通じたWeb対応システムによるペイロール業務代行を、マイクロソフト株式会社(代表取締役社長:阿多親市、本社:東京都渋谷区)から受託いたしました。

同社は1999年に株式会社エコミックと資本提携後、本格的にペイロールアウトソーシング事業に参入。現在の受託状況は130社、40,000人。各従業員と直接、勤怠・就業申請などの窓口を持ち、給与計算を行い、労働社会保険の手続、経理仕訳から給与振込等に至るまでを請け負う給与計算業務のフルアウトソーシングの先駆者です。運用形式もペーパー対応、オンライン型タイムカード対応、Web対応まで様々な運用を選択できます。
今回のマイクロソフト株式会社へのサービスは勤怠申請や休暇申請、扶養家族変更、住所変更、給与口座変更など各種申請手続きを各従業員が『e‐pay』(株式会社インテリジェンスASP商品名)のWebブラウザー上にて申請し、各上長による『e‐pay』承認ワークフローを経て、インテリジェンスにデータ登録後、給与計算処理されます。給与明細は各従業員のブラウザー上に表示され、その他管理帳票は人事部のブラウザーに表示されることとなります。更に労働保険、社会保険等の手続きや、従業員との問い合わせ窓口業務もOSP(オペレーションサービスプロバイダー)としてサポートし、煩雑で複雑な業務も一括して行います。この『e‐pay』のASP概要は、インターネットに接続されたPCウェブブラウザーから勤怠管理・申請書入力・各種給与情報照会を可能とするものです。ウェブサーバ・ブラウザ間の双方向の通信を保護するため標準技術であるSSL(セキュア・ソケット・レイヤー)暗号化通信を利用。この機能により、盗聴、改ざん、成りすましなどの危険から護られたウェブサイトが実現でき、セキュアなウェブサイトをお客様へ提供することができます。またファイヤーウォールにより不正なトランザクションからウェブサイトを保護いたします。ファイヤーウォールを経由したトランザクションはTransaction Dispatcherにより複数台ウェブサーバに負荷分散し割り当てられるため、お客様へ快適かつ冗長性のあるASP環境を提供します。

■株式会社インテリジェンスhttp://www.inte.co.jp/
株式会社インテリジェンスは1989年創業、人事部向けに新卒者採用の市場調査をリリースする「Student Report」をはじめとする採用コンサルティング事業を展開、その後もHuman Resource Solutionを提供し続け、1995年に人材派遣事業、 1997年に人材紹介事業、1998年にペイロール事業などの事業展開を行い、現在は「人と企業を最適かつ円滑に結ぶインフラストラクチャーを構築すること」をコンセプトに個々のキャリアに対するモチベーションと企業の人材ニーズを的確にコーディネートし、企業と人の間に真の「適材適所」実現のためのソリューションを提供しております。1999年9月期売上106億1200万円、2000年4月に株式公開(コード:4757)。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス