サイト内の現在位置

ニュースリリース

2005年4月27日

学生援護会が「東京しごとセンター」の一部業務を受託

労働市場サービスを行う株式会社学生援護会(本社:東京・新宿区、社長:赤嶺紀彦)では、財団法人東京しごと財団より東京しごとセンターのヤングコーナーの業務を受託しました。

学生援護会就職支援事業部では、公的部門から雇用に関するさまざまな業務を受託していますが、05年4月1日より1年間、「東京しごとセンター」を運営する財団法人東京しごと財団からヤングコーナーの運営についての業務を受託しました(カウンセリング業務を除く)

「東京しごとセンター」は、東京都民の雇用・就業を支援するため、東京都が設置した「しごとに関するワンストップサービスセンター」。あらゆる年令層の人を対象に、相談、カウンセリング、セミナー、能力開発、情報提供などのサービスを提供しています。
その一部である「ヤングコーナー」は、職業経験のあまり豊富でない29歳以下の若い世代を対象とした就職支援サービスを行っています。
現在、全国的に若年者の失業が高い水準で推移しており、その改善に向けて各都道府県が「ジョブカフェ」活動が展開されています。東京しごとセンターのヤングコーナーは、東京都のジョブカフェ事業の拠点として位置付けられています。
ヤングコーナーの業務を受託した学生援護会では、このヤングコーナーにおいて次のサービスを行っています。

□就職コミュニティ
少人数グループ形式で、2ヶ月間就職活動に必要な知識を習得していただき、就職力の向上を目指します。アドバイザーやグループメンバーとのコミュニケーションを通じて、お互いに刺激し合い、就職活動へのモチベーションを高めます。

□就職基礎講座
就職後に役立つビジネスマナーや一般的なビジネスモデルを講義やロールプレイングを通して習得していただきます。

□就職活動バックアップセミナー
実際の就職活動に必要な知識、技能を習得していただくためのセミナー。

□しごと研究セミナー
さまざまな職業、業界に携わる人を招いて、実際の体験談などを語っていただくことで、世の中のさまざまな仕事について知っていただくセミナー。

□就職試験突破セミナー
就職試験を突破するために必要な知識、技能を修得していただくセミナー。

本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html