サイト内の現在位置

ニュースリリース

2005年5月31日

学生援護会がフリーアルバイター向け求人サイト
[Web an 社員版]を6月1日オープン

労働市場サービスを行う株式会社学生援護会(本社:東京・新宿区、社長:赤嶺紀彦)では、増大するフリーターに向けて、社員として採用されるための求人情報を提供するサイトを開設します。

学生援護会では、正社員登用を希望するフリーターに就業機会を提供するため、6月1日(水)から、求人情報サイト[Web an 社員版](http://weban.engokai.co.jp/s/)をオープンします。

日本のフリーター人口は417万人、若者の5人に1人はフリーターとも言われています。また今後も増加の傾向は続くとみられており、社会的にも経済的にも深刻な影響を与えるこの問題に、世間が注目しています。
学生援護会では学校や行政などと協力しあい、早くから若年層への進路支援、就職支援に積極的に取り組んできました。今回の[Web an 社員版]は、こうした就職支援サービスと違って、より具体的に求人先の情報を収集し、提供していくものです。
アルバイト情報の提供を主とする[Web an]においては、ユーザーの約30%がフリーターで占められています。また同サイトのアンケートによるとフリーターの65%が正規雇用を希望しています。
[Web an 社員版]では、フリーターから正規雇用されるためのハウツウや求人情報を提供していきます。

【web an 社員版】メディアガイド

URL:http://weban.engokai.co.jp/s/
対象となるユーザー:フリーターから社員・契約社員採用を希望される方と現在社員で転職を考えている若年層ユーザー

コンテンツ: ゼロから解説「社員デビュー術」
興味別「シゴト発見ガイド」
「彼と彼女のシゴトと結婚」

求人情報:毎日2回更新で全国の社員採用情報を掲載


【平成17年度当社のおもな就職支援事業の実績】
「若年版キャリア交流プラザ企画運営(市場化テストモデル事業)」

厚生労働省 若年者雇用対策室 大阪労働局から受託を受け、同施設運営事務局の設置、設備、各種セミナー、ガイダンスの企画運営、キャリアコンサルティング


「東京しごとセンターヤングコーナー(ジョブカフェ)内での就職セミナー全般」
東京しごと財団からの受託による、同センターヤングコーナーにて開催している、若年者を対象とした就職支援講座(就職コミュニティ、就職基礎講座、就職活動バックアップセミナーなど)の企画・運営


「若年者就職基礎能力支援事業 YES プログラムの広報」
厚生労働省(主催:職業能力開発局能力評価課)から委託を受け、若年者就職基礎能力支援事業 YESプログラムの広報業務、今秋より認定講座、試験を実施運営予定。


「高校生に対する就職ガイダンス(2・3年生)
厚生労働省(主催:職業安定局 若年者雇用対策室)から委託を受け、高校生(2・3年生)の就職希望者を対象に全国47都道府県において年間約500 回の就職ガイダンスを実施予定。


その他、各大学、短大、専門(全国400校以上)にて、年間1300回のセミナー実施、年間11 万人が弊社適性検査を受検しています。
また、各都道府県にて、生徒・学生(中学生~大学生)や若年求職者向けに様々な就職支援セミナー、ガイダンスを多数提供しています。

本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html