サイト内の現在位置

ニュースリリース

2008年10月17日

総合人材サービスのインテリジェンス
年間2万人の学生と向き合う新卒採用マネジャー、上原 隆による
「内定突破への30の言葉~2010年版~」
~内定がゴールじゃない、入社後の活躍のための就活本を出版~

総合人材サービスを展開する株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:鎌田和彦)は、当社の新卒採用マネジャーである、上原隆による著書「内定突破への30の言葉~2010年版~」を10月17日(金)にダイヤモンド社より出版いたします。

2010年春の新卒採用は、景気の先行き不透明感が続くも、90年代バブル崩壊後のような「採用凍結」を実施する企業は少数で、多くは、団塊世代の大量退職と少子化による労働力減少の中長期的な影響を鑑みて、前年並み、もしくは前年より採用基準を上げた厳選採用で行われることが予想されます。

景況感によらず、新卒採用が企業にとって重要な経営課題となる中、問題視されているのが入社間もない若年層の早期離職。その一因として挙げられているのが安易な就職活動によるミスマッチで、厚生労働省の調べでは1990年代前半まで、入社3年以内の退職者は20%程度だったものが、直近の2005年入社者は35.9%と大幅に上昇しています。

このような状況の中、本書では、内定獲得をゴールとする就職活動本とは一線を画し、玉石混交のネットの情報や他人の意見に振り回されず、学生自身の「自分軸」を見つけ、その自分軸に合った企業と出会い、入社後も活躍できるようになるための本質的なアドバイスと、「はたらく」ことに対するメッセージを贈っています。

【書籍概要】

■書籍名
内定突破への30の言葉 2010年版

■著者
上原 隆 (株式会社インテリジェンス 新卒採用マネジャー)

■仕様
四六判、並製、278頁

■定価
1200円+税

■発売日
2008年10月17日(金)

■購入方法
アマゾン 楽天ブックス 他ネット書店、全国各書店

【目次抜粋】※目次と各詳細ページの冒頭にQ&Aが記載されています。

<第1章・準備編>就活で輝くための言葉
Q5.よく言われる「自分軸」って何ですか?また、「軸」って1つに決めなきゃいけないんですか?
A.旅行にたとえて考えてみよう。

<第2章・選考本番編>100%、力を出し切るための言葉
Q18.選考中「3次の壁」というのがあって、それ以上進めないんです。
A.すべては思い込み!その会社で大活躍する自分として振る舞おう。

<第3章・葛藤編>壁に立ち向かうための言葉
Q20.周囲の人が気になって仕方がありません。ついつい人と比較して落ち込んでしまいます。
A.すごい人材だというアピールはいらない。

<第4章・内定後・社会人編>働くことを楽しむための言葉
Q28.とりあえず入社して、自分と合わなかったら次の道を考えたいと思っています。
A.入社前の覚悟ができているか。そこがすべての原点になる。

【著者紹介】

上原 隆(うえはら・たかし)
株式会社インテリジェンス 新卒採用マネジャー
米国CCE.inc認定 GCDF-Japanキャリアカウンセラー
ニッポン放送「上原隆のオールナイトニッポンサポーターズ」パーソナリティ
今まで会ってきた学生約20万人。 学生と一緒に飲み、語りあった時間は1万時間を突破。 本気で学生に向かい合い、短時間で人の心に火をつける「吠える着火剤」。
1995年、TV局主催の「前人未到のドミノ倒し」にチームリーダーとして参加。 -6℃の真冬の青森の体育館で非行歴・暴走族歴など様々な環境で生まれ育ち、世代も異なる仲間を率いて世界記録に挑戦した過去を持つ。 そこで学んだ「一歩を踏み出す大切さ」「仲間の絆の大切さ」をモットーに、 全国各地で多くの講演や「就活生による箱根駅伝」など参加型イベントを企画・開催。人の可能性を引き出し、一緒に育んでいくスタイルを貫いている。
テレビ東京系列「ガイアの夜明け」での特集や新聞での連載執筆などメディア実績多数。 自身がプロデュースしたCDをはじめとする、働く人すべての人への応援企画「働楽~ドウラク」プロジェクトがフジサンケイグループ広告大賞特別部門を受賞。

【著者コメント】
私は新卒採用担当として、会社説明会や面接、大学や学生団体での講演やセミナーなど、のべ20万人以上の真剣な眼差しと向かい合ってきました。
ただ、そういった場はもちろん重要ですが、私はそれ以上に居酒屋やファミレスといった「リクルートスーツを脱いだ」場所での就活生を大切にしてきました。そこでは、緊張感高まる選考本番とは違い、実に「本音」で「素」の就活生の姿がありました。将来への期待や自信を熱く語る一方で、コンプレックスに悩んだり、不安のあまり自己否定したり、思うように結果が出なくて悔し涙する姿も数え切れないほど見てきました。
北海道から沖縄まで、全国の就活生との出会いを通して、また、何度も朝まで語り合う日々を重ねる中で、彼ら彼女らから学んだことをこの本にまとめました。 また、今回多くの内定者たちが後輩たちのためにエールを送ってくれました。これらの「本気の言葉」はきっと多くの後輩たちが前に進むキッカケになると信じています。
多くの人の想いがこもったこの1冊。是非ご一読いただければ幸いです。

【読者の感想】
昨年の本も素晴らしかったのですが、今年はかなりバージョンアップしていました! 一つひとつの事例が学生目線(日頃自分たちが思っていること)に近く、すごく伝わりやすいと思います。 表紙もかわいいです!今、後輩にもどんどん薦めています!(商社・内定者)

採用現場だけでなく、常日頃から学生のカウンセリングにあたっている上原さんだけあって、すごく学生心理を掴んでいると思います。時系列で起こりうる悩みや不安に対して、どう向き合っていけば良いのかわかりやすく書かれていて、「これは多くの就活生を救う本になる」と感じました。よくある就活本のようにテクニックを伝えるものでもなく、精神論でもなく、学生の背中を押してくれる「コーチ」の立場を貫いている本だと思います。(人材業界・内定者)

まだ始まってもいないのに、すでに悩んで病んでいた私の心に光が舞い込んだ気がします。 とにかく熱く、勇気づけられた感じです。セミナーで就活生を一気に巻き込んでいく上原さんのパワーが、私一人に対して与えてられているような気がして嬉しかったです。(就活生・女性)

これから何が起こるかわからない漠然とした不安の中で、内定後までの地図を見せてもらった気がしました。また、先輩たちの体験談も共感部分が多く、自分自身どういうゴール設定をしなければならないかが何となく見えてきました。あとは本番でぶつかっていくだけです!振り返る時、面接に臨む時、モチベーションを上げたい時などに何度も読み返せば、常に自分らしくいられる気がしました。「就活のお守り」にします!(就活生・男性)

【編集者のコメント】
土江 英明氏
(株式会社ダイヤモンド社 書籍編集局 第3編集部 編集長)
あるとき、たまたまつけたテレビ番組で上原さんの活動を目にしました。 上原さんの活動、学生への想いを知り、番組を拝見しながらこの方と本をつくってみたいと思いました。
就職本の企画をいただくことは多いのですが、弊社には長年就職学生の支持をいただいております「面接の達人」「絶対内定」などの就職本シリーズがございます。 作らせていただくのだったら10年20年と就職学生に読み継がれるような本にしたいとの思いがありまして、なかなか新シリーズを出版することはなかったのですが、上原さんとは「一緒に本をつくってみたい」と、純粋に思いました。
上原さんとお会いしてみて、わたしの直感は正しかったのだと思いました。 毎年2万人の学生と会い、呑んで語った時間が1万時間。 数多くの学生と出会い、語り合い、アドバイスをしてきた上原さんだからこそ、出てくるその言葉。 上原さんが数多くの学生たちに届けている「言葉」を1冊の本にまとめていただきたいと思いました。
この本は、就職に迷ったとき、立ち止まったとき、悩んだとき、心配になったとき、読んでいただきたいと思います。 そんな悩んでいる就活生のために、この本は書かれています。読んだ方は、自分の隣で上原さんが熱いアドバイス、エールを贈ってくれているような感覚を持たれると思います。 「どんな学生でも必ず輝ける。大切なのは目の前の一歩を踏み出すこと」 「働くことを楽しみたいと思うなら、その入り口の就活を楽しもう。働くことは就活とダイレクトにつながっているのだから」 上原さんの熱い想いが、一人でも多くの学生に届くことを願っております。
「内定突破への30の言葉」が、10年20年と末永く、多くの就職活動生を応援していく書籍になりますよう、精一杯頑張りたいと思っております。

<株式会社インテリジェンスについて>
株式会社インテリジェンスは、1989年の創業以来 “人と組織を多様な形で結ぶ 「インフラとしての人材サービス」を提供し社会発展に貢献する“ という企業ビジョンのもと、人材に関する多様なサービスを展開。総合人材サービス会社として、幅広い求職者と企業に向けたサービスの向上に努め、より一層の成長を目指してまいります。 【提供サービス:DODA人材紹介、DODA求人情報、エグゼクティブサーチ、ファッション業界専門人材紹介、就職支援・採用支援、人材派遣、ITソリューションサービス、「an」サービス、「デューダ」サービス、「salida」サービス、組織・人事コンサルティング】

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス