サイト内の現在位置

ニュースリリース

2010年6月17日

総合人材サービスのインテリジェンス
東京都 特別支援学校の進路指導主任研修に講師として社員を派遣
~民間企業の講師は初の試み 採用企業側から見た障がい者採用の現実を伝える~

総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:高橋広敏)は、都立特別支援学校の進路指導主任研修のうち1日程に、障がい者採用に精通した社員を講師として派遣することを発表いたします。

講師を派遣する「都立特別支援学校進路指導主任研修」は、特別支援学校での進路指導のあり方について識見を高めるとともに、進路指導主任として、人材育成を含む、学校運営の中心的役割を担うための資質・能力の向上を図ることを目的に、毎年、行われているものです。

インテリジェンスの講師は、昨今の厳しい雇用情勢の中、企業がどのように障がい者採用を行っているか、またそれを踏まえ、障がいをもつ生徒に対し、どのような支援を行うべきか、企業側の視点からレクチャーを行います。同研修にて、民間企業の社員が講師を務めるのは初の試みで、実際の採用現場に携わる立場から、障がい者採用の現実を伝えることで、今後の進路指導をより効果的なものとしていくことが期待されています。

インテリジェンスでは平成17年度より、東京都のジョブカフェ「東京しごとセンター」(東京しごと財団が運営)でのカウンセリング、セミナー等運営業務を受託しており、その一環として行っている「講師派遣」の事業で、東京都教職員研修センターの要請を受け、今回の講師を派遣するに至りました。

インテリジェンスは、自社の障がい者雇用特例子会社「インテリジェンス・ベネフィクス」での採用・マネジメント経験を活かし、2009年7月より、障がい者採用専門の人材紹介サービス「DODAチャレンジ」<http://doda.jp/challenge/>を運営するなど、企業の即戦力につながる障がい者採用支援を目指した活動を展開しています。インテリジェンスでは、今回の研修講師をはじめ、自社のノウハウや情報を活かし、更なる障がい者雇用の促進に貢献していきたい考えです。

【実施内容】

研修名称

都立特別支援学校進路指導主任研修

受講対象者

都立特別支援学校 進路指導主任 57人

日時/会場

2010年6月22日(火)13:30~ / 教職員研修センター(水道橋)

研修テーマ

「障がいをもつ生徒の就労支援方法」

研修内容

・障がい者雇用の現状と課題
・企業・人事・配属現場の視点で見た、学校教育とのギャップ など

講師

井上 雅博(株式会社インテリジェンス 人事部 ゼネラルマネジャー 兼 株式会社インテリジェンス・ベネフィクス 執行役員)
(略歴)
大学卒業後、外資系企業2社で人事・労務関連業務に従事。
2000年9月 株式会社インテリジェンス 組織開発本部 人事室長として入社。2007年より経営課題の1つであった障がい者の雇用促進担当として、2008年1月に特例子会社を設立。法定雇用率達成に向けた取り組みとして、社内の職域開拓、障がい者採用、各種制度作りなど、特例子会社の事業運営を行う。
現在もインテリジェンスの人事部門にて、社員の労務、健康推進、相談窓口などにおけるマネジメントと合わせ、特例子会社(株式会社インテリジェンス・ベネフィクス)の事業統括を行う。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス