サイト内の現在位置

ニュースリリース

2010年10月4日

求人情報サービス「salida(サリダ)」
「WEB salida」対応エリアを全国に拡大 地域に即した求人検索が可能に
モバイル4キャリアで公式サイト化 女性の仕事探しをより快適に

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:高橋広敏)が運営する求人情報サービス「salida(サリダ)」は、10月4日、「WEB salida」<http://salida.jp/>を全国版として全面刷新するとともに、モバイルサイトが4キャリアで公式サイト化されることをお知らせいたします。

「salida」は、女性のための(当時)求人情報誌として1989年に創刊。直近ではWebサイト、有料情報誌にて、利用者の多くを占める女性を中心に、前向きな仕事探しを支援しています。今回サイトのさらなる利便性向上を図ることで、より多くの女性の認知向上と利用促進を図ります。

【 リニューアル概要 】
— 対応エリアを全国主要8エリアに拡充
今回のリニューアルでは、「WEB salida」<http://salida.jp/>の対応エリアを、これまでの「関東版」「関西版」2エリアから、「北海道」「東北」「関東」「甲信越・北陸」「東海」「関西」「中国・四国」「九州・沖縄」の8エリアに拡充。全国主要エリアの求人情報を網羅しました。

新サイトでは、8エリアそれぞれの検索トップページを設置。職種、エリア、給与、雇用形態などのほか、条件検索では「ブランクOK」「託児所完備」「子育てママ在籍中」など、女性の働く環境を考慮した項目を設け、幅広い求職者の志向性に合わせた検索軸を用意しています。サイトへは、インターネット広告などを通じ、求職者を効果的に誘引していきます。

— モバイルサイトが4キャリアで公式化予定
「WEB salida」モバイルサイトは、「docomo」、「au」、「SoftBank」、「WILLCOM」の4キャリアで、10月以降公式サイトとして順次登録される予定です。

公式サイト化により、携帯電話通信キャリア各社の「メニューリスト」から「WEB salida」へのアクセスが可能となることで、更なるユーザーの認知・利便性向上を図ります。

【 実施背景 】
厚生労働省より発表された2010年7月の有効求人倍率は、多少の回復をみせたものの、0.53倍と未だ低水準が続いています。しかし積極的に採用を行っている企業は多く、特に、女性が第一線で活躍している、介護・福祉、医療、理美容関連職種では人手不足が慢性化しています。こうした職種では女性を積極的に採用したいと考える企業も多いことから、より効率的・効果的に情報発信を行える媒体が求められています。

また、「salida」の中心利用者である20代〜30代の女性の間でも、PCやモバイルによるインターネットでの情報収集が一般化しつつあり、Webで求人を探す求職者が増加傾向にあります。そのため、より求職者の志向性に合った情報提供の拡充が求められていました。

インテリジェンスでは、今回の対応エリアの拡大、モバイルサイト公式化によるPCサイト、モバイルサイトでの情報提供強化により、採用企業、求職者双方の満足度向上に努め、より多くの求人企業と求職者の最適なマッチングに貢献していきます。

【 サイト概要 】

サイト名

WEB salida

リニューアルオープン

2010年10月4日
※モバイルサイトもリニューアル。「docomo」、「au」、「SoftBank」、「WILLCOM」の4キャリアにて順次公式化予定。

サイト特徴

・全国の求人情報を8エリア別に集約
・職種、各種条件、エリア、給与、雇用形態など、幅広い求職者の志向性に合わせた検索軸を用意
・人気の職種や積極的に採用を行っている職種にスポットをあてた特集、独自の編集企画を展開

URL

PC・モバイルサイト:
http://salida.jp/
QRコード:

本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html