サイト内の現在位置

ニュースリリース

2011年4月1日

総合人材サービスのインテリジェンス
札幌市にて新卒未就職者の就業支援を実施
〜新卒未就職者50人を雇用し育成 「紹介予定派遣」で就職を目指す〜

求人情報サービス「an」、転職サービス「DODA」などを手がける、総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:高橋広敏)は、札幌市より、北海道緊急雇用対策基金事業「新卒未就職者人材育成雇用プログラム事業(札幌市ジョブサポートプログラム)」を受託したことを発表いたします。

この事業は、2010年度中に大学、短大、専門学校等を卒業した未就職者を対象とし、研修、就業体験を通じて、直接雇用での就職を支援するものです。札幌市では昨年に続き2回目の実施となります。昨年はインテリジェンスにて、2期にわたり約100人を受け入れ、60人以上が直接雇用での就職を果たしています。

■実施内容
未就職者を5カ月間、インテリジェンスの契約社員として雇用し、まずは1〜2カ月間、研修を実施します。研修では、基礎的なビジネスマナーや、社会人として必要とされる論理的思考、仕事の進め方などのビジネススキルのほか、職業研究、企業研究など職業選択に必要な知識を習得。その後、若年者の雇用意欲のある札幌市内の受入協力企業にて、紹介予定派遣での就業体験を積み、直接雇用による就職を目指します

若年者の参加は無料で、研修期間中、派遣期間中ともに賃金と交通費が支給されます。受入協力企業は、派遣期間中の費用負担はありません

参加者の募集は、札幌市内のハローワークや大学、短大、高等専門学校等と連携し学生に呼びかけるほか、当社の求人情報サービス「an」等を通じて4月より開始します。4月中に選考を終え、5月より研修を開始。6月以降順次、受入協力企業での就業を開始します。

■就職率向上、職場定着に向けた支援
研修中は、専門のキャリアカウンセラーによるカウンセリングを行い、適性確認や就業先の選択、就業開始前の意識確認、目標設定など、きめ細かな個別対応を実施します。就業意識を高めるとともに、ミスマッチのない受入協力企業とのマッチングを行います。

さらに派遣就業前日のオリエンテーションや、就業初日、1週間後の状況確認のほか、その後も月1回の定期的なフォーローアップ研修を実施し、就業中の不安の払拭と職場への定着を高めます。

インテリジェンスは、全国の高校生、大学生向けのキャリア教育、就職対策をはじめ、国や自治体で推進する若年者向け就業支援事業での幅広い実績があり、さらに、全国展開している人材紹介、人材派遣、求人情報サービスによる求人開拓や紹介予定派遣による就業者支援のノウハウをもちます。これら強みを活かし、札幌市の若年者のより多くの就業機会の創出に貢献していきます。

【実施概要】

事業名称

札幌市ジョブスタートプログラム

参加条件

札幌市内に居住または通勤可能で、2010年度中に大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校等を卒業した求職中の方
※高等学校・中学校卒業者は除きます。

定員

50人

雇用期間

2011年5月9日〜9月30日

賃金

日額6,000円+交通費

申込方法

下記の問合せ先まで、電話にて説明会参加の予約

事前説明会
/選考会

4月1(金)〜15(金)土日を除く各日、1)11:00〜、2)15:00〜、3)18:00〜
※4月4日のみ、1)11:00〜、2)18:00〜の2回開催
会場:インテリジェンス北海道支社 セミナールーム

問い合わせ先

株式会社インテリジェンス 就職支援部
TEL:011-210-8880
URL:http://haken.inte.co.jp/pjt/student/sapporo_high.html

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス