サイト内の現在位置

ニュースリリース

2011年9月30日

総合人材サービスのインテリジェンス
石巻市 被災者の農業就労を支援
〜被災者の就労と、石巻市の農業活性化の両面を支援〜

求人情報サービス「an」、転職サービス「DODA」などを手がける、総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:高橋広敏)は、東日本大震災にて甚大な被害を受けた宮城県石巻市にて、農業への就労を希望する被災者の就労支援を実施します。
この事業は、石巻市委託事業「震災被災者農業就労支援事業」として実施するもので、同事業により、被災者の就労支援を推進するとともに、石巻市の農業就労者の増加にも貢献します。

■実施内容
〜農業を仕事にしたい被災者に座学と実技の研修を提供し、就職を目指す

インテリジェンスにて、石巻市内の農業に興味を持つ求職活動中の被災者20名を研修生として雇用し、農業に関する研修や資格取得の支援をするとともに、石巻市内の農業法人等にて、実際の農業現場における職場体験の場を提供。農業法人等での正規雇用化も含めた就職支援を実施するものです。
募集人数は20名で、最初の10名が10月より、残り10名が11月より研修と職場体験を開始します。期間は2012年3月31日までで、研修生と農業法人等の相互のニーズが合えば、2012年4月1日以降、各農業法人等にて直接雇用されます。
研修生の受け入れを行う農業法人等は約20法人で、主な農作物は米、大豆、野菜、果樹等、受入れ先によって異なります。座学の研修では、土壌やたい肥、病害虫など農業に必要な基礎知識を学べるほか、農業機械の使い方、農業経営や大型特殊車両免許の取得まで、幅広い知識・技能・資格を身につけていきます。
研修生は、賃金(日給8,800円)と交通費が支給され、受け入れる農業法人等は費用の負担がありません。

■実施背景
〜減少を続ける農業人口。石巻市農業の将来を担う次世代の農業人を育成

石巻市では、平成12年で約4,000人の農業を仕事の主とする基幹的農業従事者がいましたが、平成22年の統計では3,194人と800人減少しています(農林水産省)。インテリジェンスでは、約11年間取り組んでいる就農支援事業のノウハウと農業関連のネットワークを総合活用し、石巻市農業の将来を担う次世代の農業人を育成します。

インテリジェンスは今回の事業を通じ、国や自治体で実施する雇用創出事業での幅広い実績や、全国展開している人材紹介、人材派遣、求人情報サービスによる求人開拓や就業者支援のノウハウを活かし、石巻市の震災被災者のより多くの就業機会の創出とともに、被災地の1日も早い復興に向けた支援に尽力してまいります。

【募集要項】

事業名

震災被災者農業就労支援事業

参加条件

石巻市内にお住まいで、現在離職中、もしくは求職中の方

定員

20人

賃金

日給 8,800円

雇用期間

2011年10月〜2012年3月(10名)
2011年11月〜2012年3月(10名)

申込方法

下記の問合せ先まで、電話にて説明会参加の予約

研修の内容

● 農業基本講習
 ・農業基礎、植物生理学、土壌と肥料、病害虫、農業経営、販売、
  農業マーケティング
 ・国内農業の現状、農作物の種類と分類、石巻市農業の現状と就農方法
 ・石巻市の就農事情、農業の準備(資金、農地、住宅)

● 農業全般講習
 ・野菜、稲作、果樹、花き、養牛の基本講座
 ・農業機械、農業資材の基本講義と技能研修
 ・農産物の販路開拓、観光農園について、農業の6次産業化

● 現地見学体験
 ・石巻市にある先進的農業法人等へ現地訪問、講和や農場施設を
 見学し、法人経営を学習

● 資格・技能取得支援
 ・大型特殊車両免許
 ・農業技能検定3級

● 就職活動研修
 ・求人票掲出中、もしくは就農可能性のある市内の法人への現地訪問
 ・石巻市の農業支援策講話
 ・個別就農相談の実施

問合せ先

株式会社インテリジェンス 石巻市震災被災者就労支援事業事務局
TEL:0120-373-282 (受付時間10:00〜18:00)

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス