サイト内の現在位置

ニュースリリース

2011年11月30日

インテリジェンスHITO総合研究所
企業の人材採用・育成・活用を支援 機関誌「HITO」を創刊
創刊号は「グローバル人材マネジメントの未来」
一橋大学の野中氏、コマツの日置氏などの見解を掲載

総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:高橋広敏)グループの、「働く人」と「組織」に関する研究機関「インテリジェンスHITO総合研究所」では、12月1日に、人事担当者向けの機関誌「HITO」を創刊いたします。

グローバル化や震災の影響など、社会や経済、技術が大きく変化する中で、人と組織の在り方に課題を抱える企業は少なくありません。機関誌「HITO」では、企業の人事担当者が直面するさまざまな課題について、研究者、知識人のインタビューや寄稿を多数掲載。さらに、企業事例や研究レポートなど、様々な視点から、人と組織の在り方を考察します。

創刊号のテーマは「グローバル人材の未来」。一橋大学名誉教授の野中郁次郎氏がグローバル人材マネジメントをテーマに行った講演要旨のほか、グローバル経営研究の第一人者である早稲田大学教授 白木三秀氏、グローバル企業として知られるコマツの常務執行役員 日置正克氏のインタビューなどを通し、グローバル化が進む現状において、日本企業の持つ強さや課題を考えます。

 HITO総研では、労働市場、採用動向、意識調査等の研究、調査レポートの定期発信のみならず、人材サービスに求められる新規サービス領域の開発や、社会に向けた提言の発信など、幅広い活動を通じ、誰もが前向きに仕事と向き合える社会の実現に貢献してまいります。

※機関誌の詳細は、HITO総合研究所のWebサイトにて公開しております。
http://hito-ri.inte.co.jp/research/bulletin

■機関誌「HITO」概要
機関紙名    HITO
発行日      2011年12月1日(四半期毎 年4回発行予定)
統括編集長   美濃 啓貴
編集長      須東 朋弘
定価       1,000円

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス