サイト内の現在位置

ニュースリリース

2012年1月12日

総合人材サービスのインテリジェンス
福島県いわき市にて高校生の就職支援
〜社会人の講演で様々な職種を知り、自分に合った仕事探しの方法を知る〜

総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:高橋広敏)は、福島県いわき市の「いわき市高校生就職支援事業」を受託したことを発表いたします。
この事業は、2013年以降卒業予定の市内の高校1、2年生を対象に、就職に向けたキャリア教育を実施するもので、来年3月にかけ、7校で、1,000人以上の高校生が受講する予定です。この事業を通じ、高校生が自分に合った職業の見つけ方を知り、就職に必要な職業能力を明確化することで、キャリア形成に対する意識を高め、就業可能性の向上を図るとともに、就職後の早期離職をも防ぐことがねらいです。

■実施背景
景気の先行き不透明感が続く中、採用数の減少や即戦力重視による大卒・中途採用の優先など、厳しい雇用環境が続いています。一方、若年者側も、就業意識や職業観が十分に形成されておらず、入社後の定着率の低さも問題視されています。 また、いわき市は、東日本大震災で甚大な被害を受けた地域の一つです。今回対象となっている高校の中には、多数の学生が自宅で被災しただけでなく、校舎が津波によって流され、仮設校舎での学習を余儀なくされている高校もあり、万全ではない状況で就職活動に臨む高校生が少なくありません。

インテリジェンスは、全国の高校生、大学生向けのキャリア教育、就職対策をはじめ、国や自治体で推進する若年向け就業支援事業での幅広い実績があり、さらに、全国展開している人材紹介、人材派遣、求人情報サービスによる求人開拓や紹介予定派遣による就業者支援のノウハウをもちます。これらの強みを活かし、いわき市の若年者の就業促進に貢献していきます。

■講座内容
※内容の詳細は、各学校の要望や状況を踏まえ、適切な内容で実施します。

1. 仕事人の話を聞いてみよう(50分)
製造業、通信、パティシエ、サービス業など、各業界で活躍する社会人を講師として招き、その職業を選んだきっかけ、職業に対するイメージと現実のギャップ、失敗談や苦しいこと、やりがいや喜びなど、仕事にまつわる各種エピソードを交えた講演を行い、高校生に様々な職業への興味をもってもらいます。

2. 就職への道案内(100分)
高校生の指導経験豊富な講師が、就職活動のスケジュールや仕事の探し方、就職環境などについてレクチャーします。さらに、適職診断を実施し、その解説を受けることにより、社会に出てからの自分の強みを理解し、自分に合った職業の見つけ方を学びます。

<実施予定>

プログラム名

学校名

日程

仕事人の話を聞いてみよう

勿来工業高等学校(233人)

1月20日

磐城農業高等学校(154人)

1月20日

平工業高等学校(298人)

1月27日

遠野高等学校(131人)

2月21日

勿来高等学校(63人)

2月24日

いわき海星高等学校(118人)

3月(予定)

就職への道案内

勿来工業高等学校(237人)

12月9日

平商業高等学校(520人)

1月19日

遠野高等学校(61人)

1月24日

勿来高等学校(63人)

2月10日

磐城農業高等学校(157人)

2月24日

いわき海星高等学校(130人)

3月(予定)

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス