サイト内の現在位置

ニュースリリース

2012年5月23日

インテリジェンスグループの特例子会社 インテリジェンス・ベネフィクス
豊島区「障がい者就労前準備講座」を実施
〜就労に必要なスキルやマナーの習得を目指す〜

障がい者の就労支援などを手がける株式会社インテリジェンス・ベネフィクス(本社:東京都新宿区、社長執行役員:井上雅博)は、豊島区障害者就労支援センターより障がい者の「就労前準備講座事業」を受託したことをお知らせします。

■ 受託の経緯
豊島区では、毎年区内の障がい者の就業促進を目的に、障がい者就労支援センターの登録者を対象とした就業前準備講座を開設しています。この講座は、障がい者が実際に就業するにあたって必要なスキルや知識の提供を就労前に行うことで、スムーズな就労の開始や長期就労に貢献しており、区内の障がい者就業促進において重要な役割を担っています。
今年度の同講座の開設にあたり、身体、知的、精神の「3障がい」を雇用し実績を上げていることや、精神保健福祉士、第二号職場適応援助者、心理カウンセラーなど様々な有資格者を現場に配置し、就業体験時の幅広いサポート体制を整えていることなどが評価を受け、インテリジェンス・ベネフィクスに委託されることが決まりました。

■ 実施内容
講座は、知的障がい者を対象としたものと、精神障がい者(発達障がい者含む)を対象としたものの2つが実施されます。両講座共通で、挨拶・身だしなみ・立ち振る舞い・時間管理といった「基本的なビジネスマナー」と、指示の受け方・報連相の仕方などの「基本的なビジネススキル」を身につけていきます。
その後、就業体験研修として、インテリジェンス・ベネフィクス内において実際に5日間の就業体験を行いながら、通勤や生活リズム、職場内での他者との関わりなどの「ビジネスコミュニケーション」を学んでいきます。より実際の就労に近いイメージを持つことで、就職活動での職場選びに役立てもらうことを目的としています。
また上記に加え「精神障がい者を対象とした講座」では、職場で必要とされるパソコンの基礎学習を行います。5日間の就業体験の中で職場における情報リテラシーを学び、職場で必要なパソコンの基本操作を身に付けます。講座の最後には個別で習得度合の確認を行い、就職準備力をさらに向上していきます。

インテリジェンス・ベネフィクスでは、自社において障がい者一人ひとりが誇りを持ち、長期安定的に就業できる雇用の場を実現・拡大していくとともに、総合人材サービス企業のグループの一員として、これらのノウハウを積極的に社会に提供し、より多くの障がい者の「はたらくをたのしもうTM」が実現できる社会作りに貢献していきます。

【募集要項】

事業名称

2012年度 豊島区障害者就労支援センター 就労前準備講座

対象

豊島区在住の知的障がい者または精神障がい者の方で、就労を目指している方

申込方法

豊島区内の支援機関より推薦

講座内容

【知的障がい者を対象とする講座】(定員3人)
●就業前準備講座㈵(3日間)
主な内容:職場で要求されるビジネスマナーの学習や、就業体験を通じ会社で仕事をするということの具体的イメージ作りを行う。
●就業前準備講座㈼(3日間)
主な内容:就労経験のある方や、準備講座㈵を受講された方を対象に、講座㈵の復習を含め、「報告・連絡・相談」やメモの取り方等を学習する。
●就業体験研修
主な内容:インテリジェンス・ベネフィクスにて、5日間連続の就業体験を行う。

【精神保健福祉手帳をお持ちの方を対象とする講座】(定員3人)
●就業前準備講座㈵(3日間)
主な内容:身だしなみや報告・連絡・相談・パソコン講座を含めた、基本的なビジネスマナーを学習する。
●就業前準備講座㈼(3日間)
主な内容:ビジネスマナーの復習をしながら、就労前準備講座の内容をさらに掘り下げて、より実践的なスキルを習得する。
●就業体験研修(5日間)
主な内容:インテリジェンス・ベネフィクスにて、5日間連続の就業体験を行う。

※ 各講座、2回ずつ実施予定。

問い合わせ先

豊島区障害者就労支援センター http://www.city.toshima.lg.jp/shisetsu/shisetsu_fukushi/004912.html


【会社概要】
■会社名:
株式会社インテリジェンス・ベネフィクス
■設立年月日:
2008年1月1日
■代表:
社長執行役員 井上雅博
■所在地:
東京都新宿区西新宿4-15-7 パシフィックマークス新宿パークサイド5F
■従業員数:
86名 (2012年4月1日現在、うち障がい者83名)
■業務内容:
事務支援サービス、障がい者雇用に関する各種コンサルティングサービス



本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス