サイト内の現在位置

ニュースリリース

総合人材サービスのインテリジェンス
仙台市にて就農支援、農業人材育成を実施
~被災求職者15人と市内農業法人をマッチング 職場内研修等にて即戦力化を目指す~

2013年8月5日

求人情報サービス「an」、転職サービス「DODA」などを手がける、総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)は、仙台市より、「農業人材育成事業」を受託したことを発表いたします。

この事業は、仙台市の緊急雇用創出事業の一環として行われるもので、農業に興味・関心があり、農業への就職を考えている方を対象に、座学研修や市内農業法人での職場内研修等を通じて、農業への就職を支援します。

実施内容

被災求職者をインテリジェンスの契約社員として雇用して、研修を実施します。始めに農業専門教育機関での2週間にわたる宿泊研修にて、農業生産、農産・畜産加工、農業機械に関する基礎的な知識、技術を習得します。 宿泊研修の後は、約1週間をかけ社会人基礎講習のほか、営農計画、販路拡大、6次産業化など農業への就職に必要な知識を深めます。その後、採用意欲のある仙台市内の農業法人等に派遣し、就業を通じて実務の理解を深め、そのまま継続した形での就職を目指します。求職者の負担は無料で、研修期間中、派遣期間中ともに賃金と交通費が支給されます。派遣受け入れ先法人においても、派遣受け入れ期間中の費用負担はありません。参加者の募集は、8月中旬より受付を開始し、9月下旬より研修を開始。順次、農業法人での就業を開始します。

就業先への定着に向けた支援

参加者には、農業技術検定のほか、大型特殊車両免許、フォークリフト運転技能、食品衛生責任者など、農業への就職に必要な資格取得の支援を行います。また農業未経験の求職者には個別フォロー体制を厚くして、就職するまでバックアップをしていきます。個別カウンセリングや派遣研修先との調整等により、就業中の不安の払拭と職場への定着を高めます。

仙台市の農業従事者数は2000年から2010年の10年間で約30%(約1,300人)減少しており、従事者のうち60歳以上が7割以上(2010年時点)と、高齢化も深刻です(農林水産省2010年農林業センサスより)。一方、2011年に発生した東日本大震災以降、農業経営の主体が個人から集団化・法人化へと移行しつつあり、農業の再生を志し、規模拡大を図る農業法人等が増加傾向にあります。しかし、農業分野への求職者は絶対数が不足しているため、農業分野以外から農業への就職を促進し、人材の育成をすることが急務となっています。

インテリジェンスは、全国の高校生、大学生向けのキャリア教育や就職対策をはじめ、国や自治体で推進する若年者向け就業支援事業において幅広い実績を持っています。これらに加え、人材紹介や人材派遣、求人情報サービスによる求人開拓のノウハウを活かし、就業機会の創出とともに、仙台市の農業活性化に貢献していきます。

実施概要

事業名称

仙台市緊急雇用創出事業(震災等緊急雇用対応事業)農業人材育成事業

対象

・被災求職者の方(※)
・農業に興味・関心があり、仙台市内の農業法人へ就職を考えている方

※「被災求職者」とは、①平成23年3月11日時点において、東日本大震災の被災地域(宮城県全域ほか)に所在する事業所に勤務していた方または被災地域に居住していた方で、②採用時に失業状態にある方です。
※採用にあたっては、平成23年3月11日時点において仙台市内の事業所に勤務していた方または仙台市に居住していた方を優先します。

定員

15人

雇用期間

2013年9月20日~2014年3月19日

賃金

時給900円(実働8時間)+交通費実費支給
【月収例】900 円×8 時間×20 日間=月収144,000 円前後

申込方法

下記問い合わせ先住所まで、履歴書と自己PR文(志望動機や農業に携わりたい理由/書式自由)をご郵送ください。

事業説明会

説明会参加をご希望の方は電話またはWebにて予約をお願いします。(参加任意)
会場:仙台市民会館(会議室)
日時:8月14日(水)、8月21日(水)、8月28日(水)、9月4日(水)、9月11日(水)
※全日13:00~14:00

問合せ先

株式会社インテリジェンス 仙台農業事業事務局
〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町3-4-33 仙台定禅寺ビル 3F
TEL:0120-996-463 (受付時間|平日:9時~18時)
URL:http://haken.inte.co.jp/sendai_nogyo/

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス