サイト内の現在位置

ニュースリリース

株式会社インテリジェンスビジネスソリューションズ
予約管理システム「ebica予約台帳」と「Salesforce.com」の連携を支援
~予約データを基幹システムに統合し一元化 顧客行動の分析・活用までサポート~

2014年4月11日

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)グループの株式会社インテリジェンスビジネスソリューションズ(本社:東京都江東区、代表取締役兼社長執行役員:長井 利仁、以下IBS)は、予約管理システム「ebica予約台帳」を提供する株式会社エビソル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田中 宏彰)と業務提携することを発表します。これは、「ebica予約台帳」が管理する予約データを、多くのユーザーを持つ顧客管理システム「Salesforce.com」へ統合するためのツールを、IBSにて開発、提供するものです。

※予約管理システム「ebica予約台帳」
飲食店の予約情報と顧客情報をPC/iPadで簡単に一元管理できる、クラウド型サービスです。ユーザーは、HPから店舗の空席情報をリアルタイムに確認し、予約を行うことができます。また、電話で受けた予約を店員が打ち込むことで、電話・Webに限らず、予約データを一元管理することが可能です。

■背景 ~ 飲食業界で注目度高まる「予約データ活用」  システム導入ニーズ高まる

インターネットおよびスマートフォンの普及に伴い、Web上でのレストラン検索は当たり前となりつつあります。これを受けて、飲食店情報ポータルサイトを通じたWeb上での店舗予約も普及しつつあります。こうした背景を受け、店舗をまたいだ予約データの包括管理、顧客のデータベースを活用機会拡大、既存顧客へのサービスクオリティ向上のために戦略的に活用したいという機運が高まっています。

しかし実際には、電話で受けた予約者情報は店舗にて紙で管理されていたり、飲食店情報ポータルサイト経由の予約は自社のデータとして蓄積できないなど、店舗をまたいだ包括的なデータ管理ができている企業はまだまだ少ない状況です。また、予約管理している顧客データと基幹システムが保有する顧客データが連携できないことで、データを二重管理せざるを得ない状況に陥る企業も少なくありません。

■概要 ~ 既存システムと「ebica予約台帳」データ統合を支援  その後のデータ分析、活用提案までサポート

そこでIBSでは、予約管理システム「ebica予約台帳」が保有する予約データの、基幹システムへのデータ統合を技術的に支援。まずは、多くのユーザーを持つ顧客管理システム大手「Salesforce.com」へのデータ連携機能を開発し、「ebica予約台帳」のユーザーへ提供いたします。

これにより、企業は全店舗の顧客データを一元化、包括管理できるほか、既存の売上データ等と連動させたデータ分析が可能となります。さらにIBSでは、統合したシステムのメンテナンスなど、その後の運用サポートも実施。自社内のマーケティング部門と連携することで、予約データの分析をもとにした、サービスの改善・クオリティ向上に向けた提案まで行うことも可能で、あらゆる方向から、ビジネスの更なる成長を支援します。

■システム連携イメージ

■ebica予約台帳  画面イメージ

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス