サイト内の現在位置
  • ホーム
  • ニュースリリース
  • 株式会社インテリジェンスHITO総合研究所 株式会社ローソンにおけるタレントマネジメントシステム導入が決定

ニュースリリース

株式会社インテリジェンスHITO総合研究所
株式会社ローソンにおける
タレントマネジメントシステム導入が決定
~「自ら考え行動する」人財の育成に向けた、目標管理・キャリア教育強化を支援~

2015年7月1日

総合人材サービスのテンプグループ内の「働く人」と「組織」に関する研究機関 株式会社インテリジェンスHITO総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役:高橋 広敏、以降、HITO総研)は、株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長 玉塚 元一、以下ローソン)におけるタレントマネジメントシステム「HITO-Talent(ヒト・タレント)」の導入が決定したことを発表いたします。

導入背景~ 効果的な人材戦略の実現に向け、専用システムを導入する企業が増加

急速なグローバル化、IT技術の進化などの大きなビジネス環境の変化に素早く対応することが求められる今、企業には、時代の変化に対応するための迅速な人材戦略が求められています。しかし現状、管理職の属人的なノウハウや情報をもとにマネジメントを行うにとどまる企業がほとんどで、効果的な戦略を描くための新たなシステム導入が課題となっています。
このような状況の中、企業では、戦略的な「攻めの人事」が求められており、人材と組織の情報を網羅的に把握するデータベースを構築し、データに基づき人材の発掘から、育成、最適な人材配置まで、包括的に企業戦略を実現する“タレントマネジメント”への注目が高まっています。
さらに、こうしたタレントマネジメントの効果的な実施のために、専用のタレントマネジメントシステムを導入し、データに基づいた人事施策を目指す企業が増えております。

サービス概要 ~スキルや経験をシステム上で「見える化」最適な採用、育成、配置を実現

今回導入が決定した「HITO-Talent」は、グループ内の株式会社インテリジェンス(以降、インテリジェンス)が幅広い人材サービスで培ってきたノウハウを活かし、社内での利用を経て、販売を開始したインテリジェンス独自のタレントマネジメントシステムです。
現場の管理職や実務に合わせた現場重視の機能や、柔軟性や拡張性、高い操作性やスピードに特徴を持ち、社員や組織のあらゆる情報を一元化出来ます。
また、MBO(目標管理)/キャリア開発機能やサーベイ・アンケート機能、モニタリング機能により、社員の情報を網羅的に集め、その情報に基づいて、個人個人に合った戦略的な人材の異動・配置・育成、組織強化を企画、実行することができます。さらに、活躍する人材の特徴などをデータから分析することで、より組織を活性化させる人材の採用に活用することも可能です。

ローソンは、「自ら考え行動する」人財の育成に向けて人事制度・育成方針の変革を進めています。
この度の「HITO-Talent」導入を通じて、一人ひとりの目標設定からその評価までの管理水準を引き上げ、きめ細かなキャリア開発を推進することで、経営幹部候補の育成はもちろん、全社員が「自ら考え行動する」人財へと成長するための支援を強化する予定です。

HITO総研では、インテリジェンスの提供する転職サービス「DODA」、求人情報サービス「an」などで得た、求職者の就業に対する意識、育成手法などのノウハウを活かし、より多くの組織と個人がはたらくことを楽しむことを実現できる環境づくりを支援してまいります。

【「HITO-Talent」 システムの主な機能】

※基本的なシステム画面・機能の説明です。導入企業ごとに導入機能や画面イメージは異なることがあります。

■トップページ
画像
■個人プロフィールの検索・入力
全社員の業務詳細などが閲覧できるほか、自組織内の部下の評価詳細も閲覧できます。
■組織プロフィールの検索
組織図の検索、出力機能も搭載。他部署における業務詳細も見ることができ、他組織との連携強化を促進します。
<社員検索画面>
画像
<組織プロフィール画面>
画像
<社員詳細画面>
画像
<組織図画面>
画像
■分析・集計ツール
所属組織や評価結果などでデータを抽出・分析できるほか、タグによるグループ化も可能。 これまで時間のかかっていた分析・集計を効率的に行うことで、人事戦略に注力することが可能に。
<組織分析画面>
ピボットテーブルのような機能で、分析ができる
画像
<タグ機能画面>
「●●」プロジェクト“などのタグで人員を検索、グループ化
画像
<360度サーベイ画面>
画像
<異動/昇降格検討機能>
画像

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス