サイト内の現在位置

ニュースリリース

総合人材サービスのインテリジェンス
宮城県石巻市にて、仮設住宅で暮らす被災者の自立支援を実施
~ 市から委嘱を受けた復興支援員が、被災者の円滑移転を支援 ~

2016年2月15日

アルバイト求人情報サービス「an」、転職サービス「DODA」などを手がける、総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)は、宮城県石巻市より「仮設住宅被災者自立生活支援事業」を受託したことを発表いたします。
この事業は、仮設住宅からの自立のための円滑な移転を支援することを目的に、仮設住宅に入居している被災者に対し、恒久的な住まいへの早期移転に向けた情報提供、相談、手続き等の支援を行うものです。東北における復興支援の取り組みは、被災者の今後の生活を営むための自立支援へと幅を広げ始めています。

■実施内容 ~ 仮設住宅で暮らす被災者の自立支援を実施

東日本大震災から今年の3月11日で丸5年。石巻市では、現在も市内の133カ所に仮設団地住宅があり、2月1日現在で、約4,200世帯8,900人が居住しています。インテリジェンスは、石巻市より委嘱を受けた復興支援員を雇用し、居住者のうち、住まいの再建方法が未定の世帯や、障がいや高齢のために独力で判断が困難な世帯に対して支援を実施します。復興支援員の業務内容としては、支援対象となる世帯調査の実施に始まり、恒常的な住まいへの早期移転に向けた情報提供、相談、手続きに関するサポートや、孤立予防のための個別訪問や声がけなど、さまざまな手法での支援を予定しています。
※実施期間:平成27年12月1日~平成28年3月31日

■背景 ~ 約5年間にわたる、インテリジェンスの復興支援への取り組み

インテリジェンスは2011年より、東日本大震災後の宮城県を中心とした東北エリアにおいて、雇用創出を軸にした復興支援業務を幅広く展開してまいりました。また、国や自治体で推進する若年者、シニア、女性向け就業支援事業において幅広い実績を持っています。これらに加え、人材紹介や人材派遣、求人情報サービスによる求人マッチングやカウンセリングのノウハウを活かし、就業機会の創出とともに、石巻市の被災者の自立支援に貢献してまいります。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス