サイト内の現在位置

ニュースリリース

「eiicon」、「SHIP」と連携を開始!
~さらなるオープンイノベーションの加速を支援~

2017年5月24日

総合人材サービス、パーソルグループの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営するオープンイノベーションプラットフォーム「eiicon(Ecosystem Innovation Inspired CONtact)」は、2017年5月24日(水)より、世界中の課題の解決を企業の技術・ノウハウで目指すオープンイノベーション・プラットフォーム「SHIP(SDGs Holistic Innovation Platform)」と連携し、SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)の達成に取り組むことをお知らせいたします。

■「eiicon」と「SHIP」連携の背景

昨今、企業存続のために、社外との積極的な連携を通じ革新的な新しい価値を創り出すオープンイノベーション※1への関心は、ますます高まっています。しかし、連携先の探索や連携の進め方などに課題を感じている企業が多く、オープンイノベーション実現のための手法がまだ浸透していないのが現状です。

そこで、イノベーションを起こすための環境作りを支援すべく生まれた「eiicon」は、オープンイノベーションを更に加速させるため、SDGs※2の達成をイノベーションの機会として捉え、世界中の課題の解決を企業の技術・ノウハウで目指すオープンイノベーション・プラットフォーム「SHIP」と連携し、SDGsに取り組む運びとなりました。

  • ※1:2003年(米)ヘンリー W. チェスブロウが提唱した、「企業内部と外部メディア・技術を組み合わせることで、革新的な新しい価値を創り出す」イノベーション方法論。社内の資源に頼るばかりでなく、社外との連携を積極的に取り入れるべきであるという主張の方法です。
  • ※2:2015年9月にニューヨークの国連本部で開催れた「持続可能な開発サミット」にて、193カ国の合意のもと採択された、2030年までに達成すべき17の目標と169のターゲット。

■「eiicon」のSDGsに対する取り組み

「eiicon」は、SDGsの17の目標達成に向け、この目標の達成を自社事業のミッションとして掲げる企業を集め、可視化いたします。そして、「eiicon」内で、同じ目標を掲げる企業同士が出会う場を提供いたします。

※「eiicon」のSDGsへの取り組み

① SDGs達成に取り組む企業を「eiicon」で募集・掲載
業界・職種を問わず、同様の開発目標に対して取り組んでいる、取り組もうとしている企業を集約し、掲載いたします。
② 同じ目標に取り組む企業にコミュニケーションの場を提供
それぞれの強みを活かしコラボレートする企業に、出会いの場を提供。また、SDGs達成に取り組む過程を、「SHIP」と連携し、支援します。

■「SHIP」とは

SDGsの達成をイノベーションの機会として捉え、世界中の課題の解決を企業の技術・ノウハウで目指すオープンイノベーション・プラットフォームです。「SHIP」は、一般社団法人Japan Innovation Network(JIN)と国連開発計画(UNDP)が、多くのパートナーとの協働により運営しています。

■「eiicon」とは

オープンイノベーションのパートナーを探すことができる、ビジネスマッチングプラットフォームです。企業は、企業情報をはじめとするミッションや、事業成長に必要なリソース等さまざまな情報を「eiicon」に登録することができます。それらの情報を発信し合い、企業同士が繋がることができる場が「eiicon」です。

「eiicon」は、英語のどんぐり(arcon)の音をとっています。『樫の木(森)も、はじめはひとつの”どんぐり”から(Every oak must be an acorn.)』ということわざのように、一つの小さな出会いから大きなイノベーションが生まることを支援したいという想いから、「eiicon」と名付けられました。

写真

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス