サイト内の現在位置

ニュースリリース

2004年6月16日

株式会社インテリジェンス主催イベント
「“はたらくを楽しもう(TM)”を考える2日間」
盛況のうちに閉幕
丸の内から【“はたらくを楽しむ”ための5か条】を発信!!

総合人材サービスを展開する株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区丸の内 代表取締役社長:鎌田和彦)主催イベント「“はたらくを楽しもう(TM)”を考える2日間」が 6月14日(月)、15日(火)の両日、東京・丸の内ビルMARUCUBE(マルキューブ)にて開催され、盛況のうちに閉幕いたしました。

このイベントは、当社が先ごろ発表した新ブランドスローガン「はたらくを楽しもう(TM)」をテーマに、全国のビジネスパーソンに向けて“はたらく”ことへの様々なメッセージを発信し、はたらく楽しさをより深めていくことを目指して開催しました。イベントは、多彩なゲストが「仕事について」・「仕事を楽しむためのコツ」などをテーマに語る2 つのトークイベント(ランチトークとアフターワーキングセッション)と、 “はたらく”ことに関する様々な情報発信を行う「インテリジェンスパーク」で構成しました。

初日の「ランチトーク」は、タレント高田万由子さんをお迎えして、現在の仕事についたきっかけ、女優業の魅力、主婦業と仕事との両立の仕方などをお話いただきました。「アフターワーキングセッション」には、フリープロデューサー木村政雄氏、日経ビジネスアソシエ編集長渋谷和宏氏、UFJ 総合研究所主任研究員山崎元氏に登場いただきました。ジャンルの異なる3氏からは、バラエティーに富んだエピソードとともに、はたらくことを楽しむために、「仕事」、「会社」、「上司・部下」と「自分」の関係をどう考えていけばよいかについて、活発な意見が出されました。

二日目の「ランチトーク」には、ネイルアーティストの黒崎えり子さんが登場。“好き!”を仕事にするまでの過程や、現在の心境、黒崎流の仕事に対する積極的なポリシーなどを語っていただきました。また、「アフターワーキングセッション」では、女性企業家のウーマンズフロンティア代表取締役の後藤直子さん、カフェグローブ・ドット・コム代表取締役の矢野貴久子さんに、自分の目線で自己実現していくことの大切さや、女性がはたらくことを楽しむための思考方法や秘訣などについて語っていただきました。会場では、ゲストの一言一言に頷きメモを取る来場者の姿も多く見られ、自己実現の方法や目標の持ち方に関する具体的な質問が出るなど、連日熱心な参加者で埋まりました。

インテリジェンスでは、5月に東京圏及び京阪神の20~40代の男女1,050名のビジネスパーソンを対象に「はたらくを楽しもう調査」を実施し、その調査結果からインテリジェンスの提言として【“はたらくを楽しむ”ための5ヵ条】を作成し、インテリジェンスパーク内で発表しました。そこで、今回登場いただいたゲストの方々と司会の住友真世さんにも、それぞれの5か条を提案していただきました。

各々の体験を元に提案されたゲストの5か条はいずれも、ポジティブ思考、自分軸を持つこと、人や“こと”を積極的に楽しむ姿勢を持つことを薦めており、当社が提言する5 か条と共通する要素が数多くあがりました。

「はたらくを楽しもう調査」では、はたらくことを楽しめるか否かは、職場や人間関係など、環境によるところが多いという結果が出ている一方で、仕事に対する考え方や価値観、行動や習慣を自ら変える“自己変革”によって“はたらくことが楽しくなった”ビジネスパーソンの存在も認められました。また、ビジネスパーソンの6割の人が仕事を楽しみ、その数は微増傾向にあることが分かりました。当社は、今後、新しいブランドスローガンの元、「はたらくを楽しむ」ことを考える機会や、情報の発信を積極的に行い、この増加傾向を更に伸ばしていきたいと考えています。

インテリジェンスが提言する【“はたらくを楽しむため”の5か条】

  1. 自分の未来を想像してみよう
  2. 人と濃くつきあおう
  3. アイムラッキーと唱えよう
  4. 突然のできごとにワクワクしよう
  5. ココロの声を聴いてみよう

高田万由子さんが提言する【“はたらくを楽しむため”の5か条】

  1. いつも笑っていること
  2. 思った事ははっきり言うこと
  3. 楽しい事を見つけること
  4. 気になる人を見つけること
  5. 人より少しだけ多く勉強しておくこと

木村政雄さんが提言する【“はたらくを楽しむため”の5か条】

  1. 自分を信じよう!
  2. 前へ跳ぼう!
  3. 主語をたてて話をしよう!
  4. キャッチコピーをたてよう!
  5. 何とかなるさ!

渋谷和宏さんが提言する【“はたらくを楽しむため”の5か条】

  1. 「やりたいこと」を明確に
  2. 「持ち味」を伸ばす
  3. 社内外に「味方」をつくる
  4. 「もう一つの顔」を持つ
  5. 「仕事は傷ついた者勝ち」と開き直る

山崎元さんが提言する【“はたらくを楽しむため”の5か条】

  1. 価値観(感)に反する仕事をしない
  2. 他人のお金を気にしない
  3. 大きな声で誰にでも同じことを言う
  4. 会社は取引先・同僚はお客様
  5. 学ぶ楽しみ、教える喜び

黒崎えり子さんが提言する【“はたらくを楽しむため”の5か条】

  1. 思いついたらすぐ行動
  2. 悪いと思ったらすぐ謝る
  3. 一度してしまった失敗は二度としない
  4. 人の悪口は言わない
  5. 目先の目標よりも目の前の事から

後藤直子さんが提言する【“はたらくを楽しむため”の5か条】

  1. 集中して働く
  2. 挑戦する
  3. とりあえずやってみる
  4. 悲観論はムシ!
  5. 失敗しても立ち直ればいい!

矢野貴久子さんが提言する【“はたらくを楽しむため”の5か条】

  1. ひとつひとつの要素を面白がること
  2. どんなことも勉強と思い込むこと
  3. 仕事の先がどこにつながっているか想像すること
  4. 自分を客観視すること
  5. ときどき、自分にご褒美をあげること

住友真世さんが提言する【“はたらくを楽しむため”の5か条】

  1. 今日の良かった事をまず1つ!
  2. 自分の前に壁を作らない!
  3. 1日1回は人を笑わせる!
  4. “ちがいのわかる人”になる!
  5. 最終ゴールを常に唱える!

本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html