サイト内の現在位置

ニュースリリース

2010年2月22日

障がい者向け転職支援サービスの「DODAチャレンジ」
オンライン大学と提携 障がいをもつ卒業生の就職を支援
2010年4月開講 ビジネス・ブレークスルー大学と

総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:高橋広敏)が運営する障がい者向け転職支援サービス「DODAチャレンジ」<http://doda.jp/challenge/>は、2010年4月に開講するオンライン大学のビジネス・ブレークスルー大学(所在地:東京都千代田区、学長:大前研一、以下BBT大学)<http://bbt.ac/>と提携し、障がいをもつ卒業生に対する就職支援を開始することを発表します。

BBT大学は、文部科学省の認可を受け、2005年4月に開学したオンライン経営大学院「ビジネス・ブレークスルー大学院大学」の学部設置として2010年4月の開講が決定しており、インターネットを通じた学習で文部科学省認可の大学卒業資格にあたる「学士(経営学)」の学位を得ることができる通信制の大学です。自宅学習が行えることから、従来の通学制大学を諦めていた障がい者の入学も見込まれています。
同大学の設置母体である株式会社ビジネス・ブレークスルーは、法人企業向けマネジメント研修を行っており、企業との密接なつながりを活かした大学卒業後の就職支援体制を整える予定ではあるものの、現状では障がい者の就職支援に関するノウハウ、求人企業のネットワークがなく、実践的な経営を学んだ障がいのある学生の就職支援を拡充していくことを目的に、このたび、インテリジェンスとの提携を行う運びとなりました。

「DODAチャレンジ」はインテリジェンスが2009年7月に開始した障がい者向けの転職支援サービスで、障がい者雇用に精通した専任のキャリアコンサルタントが転職を支援。個別の状況に応じた最適な求人の紹介を行います。障がいの状況やスキルレベルによっては、就業環境にも配慮した上で、DODAがもつ一般求職者向けの求人紹介も行い、幅広い可能性を提供することが可能です。

今回の提携により、BBT大学では障がいをもつ卒業生に対する就職支援体制が整えられ、インテリジェンスでは、スキルアップに対する意識が高く実践的な経営力を備えた障がい者のサービス登録を安定的に獲得することができます。
当面は、社会人経験をもつ卒業生を中心に転職支援サービスの提供を行っていき、今後は両者にて面接対策等、就職支援に関する様々なサービスの開発についても検討していく予定です。

採用や転職に対する法人・個人のニーズが活発かつ多様化していく中、インテリジェンスは今後とも、幅広いサービス展開によるサポート体制を強化し、より多くの人と組織の最適なマッチングを目指してまいります。

<ビジネス・ブレークスルー大学について>
ビジネス・ブレークスルー大学は、大前研一が学長を務め、通学不要で100%オンラインによる授業のみで経営学の学士を取得できる、日本初となるオンライン大学です。”グローバルリーダー”の輩出を目指す本大学では、世界で活躍する人材を育てるため、 21世紀を生き抜く”三種の神器”を定義しています。「経営とIT分野の基礎力」「問題解決力」「英語力とグローバルリーダーシップ力」の三つを、ビジネス・ブレークスルー大学すべての学生のゴールである”グローバルリーダー”に不可欠なスキルと位置付け、コア科目群を両学科共通科目として徹底的に学び、卒業後どの分野に進んでも、3つの能力を使って実行し、結果を出せる人材の基盤を形成します。

<障がい者向け転職支援サービス「DODAチャレンジ」について>
総合人材サービスの株式会社インテリジェンスが運営する「DODAチャレンジ」は、障がい者採用専門の人材紹介サービスとして2009年7月にサービス提供を開始しました。自社の障がい者雇用特例子会社「インテリジェンス・ベネフィクス」での採用・マネジメント経験を活かし、企業の即戦力につながる障がい者採用支援を目指します。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス