サイト内の現在位置

ニュースリリース

2010年8月31日

総合人材サービスのインテリジェンス
仙台市にて若年未就職者の就業支援を実施
〜研修で即戦力化 就業とともに入社後の職場定着も支援〜

総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:高橋広敏)は、仙台市の緊急雇用創出事業「若年者就業定着支援事業」を受託したことを発表いたします。

この事業は、失業中の若年者の直接雇用での就業とともに、その後の職場での定着をも支援するもので、仙台市として初の試みとなります。

【 実施内容 】
若年者をインテリジェンスにて雇用。独自の研修プログラムにて約1ヶ月間、基礎的なビジネスマナーのほか、PC研修など就業に必要とされるスキルの習得等を行います。その後、若年者の雇用意欲のある受入協力企業を集めた合同面接会を実施。紹介予定派遣にて就業体験を積み、受入協力企業での直接雇用を促進します。

若年者の参加は無料で、研修期間中、派遣期間中ともに手当が支給されます。受入協力企業は、派遣期間中の費用負担はありません。

参加者の募集は、ハローワークや当社の求人情報サービス「an」等を通じて9月より開始します。選考を行った上で、30名の若年者を受け入れる予定です。

9月中に参加者の選考を終え、10月より研修を開始。11月下旬より順次、受入協力企業での就業を開始します。

【 職場への定着に向けた支援 】
研修中、専門のキャリアカウンセラーによるカウンセリングを行い、適性確認や就業先の選択、就業開始前の意識確認、目標設定など、きめ細かな個別対応を実施します。就業意識を高めるとともに、ミスマッチのない受入協力企業とのマッチングを行います。

さらに派遣就業開始時、10日間にわたり、各受入協力企業と連携の上、実務に必要とされるスキル習得のための研修を実施します。職場で実務を学び、その業種・職種で必要な、専門性の高いスキルを身に付けることを目指します。また学んだ内容を活かして就業体験を積み、仕事を通じて社員(直接雇用化)を目指します。

派遣就業中は、定期的な訪問を通じて若年者の状況確認を継続して行い、就業中の不安の払拭と職場への定着を高めます。

【 実施背景 】
景気の先行き不透明感が続く中、企業は社会人経験の浅い若年者を採用・育成していくことに負担を感じる傾向があります。一方、若年者側も、就職や進路選択への知識・意識が不足していることや、社会で必要とされる基礎的なスキルが十分ではないことで、採用が厳しいばかりか、入社後の定着率の低さも問題視されています。

インテリジェンスは、全国の高校生、大学生向けのキャリア教育、就職対策をはじめ、国や自治体で推進する若年向け就業支援事業での幅広い実績があり、さらに、全国展開している人材紹介、人材派遣、求人情報サービスによる求人開拓や紹介予定派遣による就業者支援のノウハウをもちます。これら強みを活かし、仙台市の若年者のより多くの就業機会の創出に貢献していきます。

【 参加者募集概要 】

募集条件

高校・専門学校・短大を卒業後おおむね5年以内の方で、
現在、未就業の方

定員

30名(選考あり)

申込方法

下記の問合せ先まで、電話にて説明会参加の予約

事前説明会・
選考会

2010年9月2日、8日、9日、14日、15日、16日、21日
10:00〜(仙台市内会場)
※事前説明会は保護者の参加も可能

問い合わせ先

株式会社インテリジェンス「仙台市若年者就業定着支援事業」事務局
TEL:0120-411-084
http://haken.inte.co.jp/pjt/student/sendai_young.html

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス