サイト内の現在位置

ニュースリリース

2012年10月26日

大阪府にて新エネルギー産業への若年求職者就業支援を実施
〜「省エネ」「次世代電気自動車」 新エネルギー社会促進に
携わるためのスキル習得と就職を支援〜

総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)は、大阪府より「人気産業活用人材育成事業」を受託したことを発表いたします。
この事業は、厳しい雇用情勢を受け、雇用機会創出に向け大阪府が実施している緊急雇用創出基金事業の一環として行われるもので、節電・発電・蓄電など新たなエネルギー社会づくりを促進する人材の育成とともに、大阪府内の若年求職者に対し、当該産業への就業支援を行うものです。
インテリジェンスでは今回の事業を推進するにあたり、太陽光発電設備の販売事業を展開している株式会社京セラソーラーコーポレーション(本社:京都市伏見区、代表取締役社長:財部行廣)と連携し、その販売代理店各社にて、職場実習を実施していきます。

■実施内容
若年求職者をインテリジェンスの契約社員として雇用し、独自の研修プログラムによる約1カ月間の研修を実施します。今回は、太陽光発電パネルや蓄電池など省エネ商材の導入促進に携わるための「省エネプランナー育成コース」と、次世代電気自動車の普及に向けた活動や調査に携わるための「次世代電気自動車プロモーターコース」の2つの研修コースが設けられています。研修では、社会人として必要とされる基礎的なビジネススキル習得の後、新エネルギー産業での就業に必要とされる業界知識、業務知識のほか、それぞれのコースに応じた実務スキルを習得します。その後、受け入れ企業にて約4カ月間、紹介予定派遣での就業体験を積み、直接雇用での就業を促進します。
若年求職者は、研修期間中、職場実習期間中ともに、賃金と交通費が支給されます。受け入れ企業は、派遣期間中および採用決定時の派遣料、紹介手数料の費用負担はありません。
インテリジェンスでは今回、2つの研修コースで計53人の未就職者を受け入れ、10月15日より研修を開始しました。1カ月間の研修を経て、11月末以降順次、受け入れ企業での職場実習を開始します。

■実施背景
国策として進めている再生可能エネルギーの普及促進や、原発事故に端を発したエネルギーマネジメントに対する意識の高まりから、「新エネルギー産業」の急拡大が見込まれています。これにより、太陽光発電・節電関連設備メーカーや施工会社等の中小企業でも、営業支援、事務処理、問合わせ対応、障害検出等、人材需要がさらに高まることが予想されます。
インテリジェンスではこうした背景を踏まえ、この4月より、新エネルギー領域に特化した専門人材を育成し、派遣、アウトソーシングにて事業支援を行う新サービスを本格的に開始しており、新たな産業ゆえに、専門人材が不足している同産業の人材需要に対応できる体制を整えています。
インテリジェンスではこうしたノウハウを活用し、大阪府の新エネルギー社会の活性化とともに、若年求職者に対する、より多くの就業機会の創出を促進し、新たな成長産業の発展に貢献します。

■実施概要

事業名称

大阪府 人気産業活用人材育成事業

対象

・ 雇用開始日時点で概ね39歳以下の方
・ 大阪府が実施した、「ふるさと雇用再生基金事業」「緊急雇用創出基金事業(重点分野雇用創出事業)」「緊急雇用創出基金事業(地域人材育成事業)」に参加していない方

定員

「省エネプランナー育成コース」約30人、「次世代電気自動車プロモーターコース」約20人

雇用期間

2012年10月15日〜2013年3月29日

賃金

2012年10月〜11月(研修期間):時給1,000円
2012年12月〜2013年3月(職場実習期間):時給1,300円
通勤交通費 全額支給(実費精算)

研修内容

■基礎研修
・ビジネスマナー
・コミュニケーション
・ロジカルシンキング
・営業基礎(電話対応、訪問マナー)など

■専門研修
・エネルギーシステム概要
・電気基礎研修
・見積、設計、工事 など

■フォローアップ研修
・目標設定、振り返り
・モチベーションアップ
・営業力アップ応用研修 など

問合せ先/詳細

株式会社インテリジェンス
大阪府「人気産業活用人材育成事業」担当
TEL 06-6648-6517

本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html