サイト内の現在位置

ニュースリリース

東京都より、地域展開型中小企業処遇改善サポート事業を受託
支援対象企業の募集を開始
~城東ブロックの中小企業対象 従業員の処遇改善を支援、中小企業の課題解決を支援~

2014年10月17日

総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)は、東京都より、城東ブロックにおける「地域展開型中小企業処遇改善サポート事業」を受託したことを発表いたします。

本事業は、東京都の城東ブロック(台東区、墨田区、江東区、荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区)内の中小企業を対象にしたものです。従業員の処遇改善を目的とした、企業へのカウンセリング・施策の立案・実施を行うことで、企業の業績拡大・発展を目指します。45社以上に無償で提供します。

■事業概要

本事業では、都内城東ブロックの中小企業に対し、2015年度1年間をかけ、若手従業員を中心とした定着化、非正規従業員の正規化、従業員の賃金上昇等の処遇改善といった、人事課題の解決をご支援していく予定です。
2014年度は、まずは支援先の選定後、各企業における従業員への処遇状況のヒアリング、現状分析をもとにした処遇改善計画と目標の設定など、支援に向けた準備を行います。2015年度には、それらの計画をもとに、経営層、従業員向けの各種スキルアップ研修、資格取得のための講座や、メンタルヘルス対策やワークライフバランス推進研修・講習会の実施、人事・評価制度導入にむけたコンサルティングなど、幅広い支援を行うことを想定しています。

■実施背景 ~ 時代の変化に合わせた、人事改革が必要に 中小企業では、取り組めない現状も

日本を取り巻くビジネス環境は、グローバル化やIT分野における技術革新など、急速な変化を迎えており、企業にとっては、これまで以上に環境変化への対応が求められる時代といえます。
こうした中、中小企業は、変化への対応について課題を感じながらも、施策を打つための人員やノウハウが確保できないという問題も存在します。特に、事業成長の柱となる従業員に対して、その定着や安定した雇用など、課題を感じる中小企業は少なくなくありません。これらの人的課題は、経営に大きな影響を与えるものながら、取り組みにノウハウや時間が必要なことも多く、なかなか着手しきれない企業が数多く存在しています。

インテリジェンスは、国や自治体で推進する就業支援事業での受託実績の他、多くの企業における人事課題に対するコンサルティング実績を持ちます。これらのノウハウを活かし、従業員のはたらく環境の改善を支援し、東京都内の中小企業の業績拡大・発展に貢献して参ります。

【 実施概要 】

事業名称

東京都 平成26年度
「地域展開型中小企業処遇改善サポート事業(城東ブロック)」

対象企業

1. 常時使用する従業員数が300人以下、または、資本金3億円以下の企業
2. 都内に本店又は主たる事務所がある企業
3. 以下の(A)~(C)のいずれかの目標達成に向けて積極的に取り組む意欲のある企業

【処遇改善の目標】
(A) 従業員の定着率の向上
(B) 非正規従業員の正規従業員化
(C) 従業員の賃金引上げ

対象エリア

東京都 城東ブロック
(台東区、墨田区、江東区、荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区)

募集企業数

45社以上

募集期間

12月末まで
※企業が定員となりしだい終了

申込方法

以下の問い合わせ先に連絡

問い合わせ先

株式会社インテリジェンス「地域展開型中小企業処遇改善サポート事業」担当
TEL:03-5204-1909 

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス